BT

マイクロサービス、コンテナ、そしてDocker

| 作者: Jan Stenberg フォローする 29 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年1月13日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2014/12/31)へのリンク

小さなサービスを作り、軽量な仕組みを構築し、配置を独立させ、拡張性と移植性を確保するためにマイクロサービスアーキテクチャを採用する場合、Erhan Ekici氏が言うには、Dockerのようなコンテナ技術が、配置や性能、分離の管理、ライフサイクルを考える上で理想的な環境だと考えている

IBMで働いている氏は、コンテナ技術を仮想マシンの中核コンポーネントとOSの分離サービスを持つ軽量な実行環境として考えている。パッケージングを簡単にし、サービスの実行をスムーズにするよう設計されているのだ。

コンテナやDockerが検討に値する理由として、氏は次を挙げている。

  • 他のプラットフォームに移植できるコンテナを使うことで、アプリケーションとすべての依存物をコンテナ内に乗せ、移植性を高めることができる。
  • コンテナをアプリケーションと依存物だけで構成することで、リソースの使用を効率的にする。
  • コンテナは仮想化技術を使わずに、厳密にリソースを管理できる。
  • Dockerをリーダーとするコンテナ技術は新しい技術であり、多くの大企業がDockerとパートナーシップを組んでいる。

GigaSpacesのプロダクトチームのリーダーであるUri Cohen氏はDockerをプロセスやサービスをコンテナで分離するので、マイクロサービスに最適な仕組みだと言う。ひとつのサービスやプロセスを意図的にコンテナ化することで、サービスの更新と管理が容易になる。それゆえ、複雑なシナリオを管理するための開発フレームワークになるのは不思議ではない。

Uri氏が挙げる例は、Kubernetesだ。KubernetesはDockerの機能を拡張したマイクロサービスのために設計されたオープンソースプロジェクトだ。同じタイプの複数のDockerのコンテナを管理、配置する。しかし、一般的なシナリオは複数の層で構成される仕組みを管理することであり、Kubernetesで実現するのは難しい。Uriが考える機能のギャップはTOSCAで埋められる。TOSCAはもっと複雑な管理で使われる。

Adrian Cockcroft氏Dockerカンファレンス基調講演で、Dockerを標準化された移植可能なコンテナとして紹介した。また、次世代のアプリケーションの管理機能についても話した。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT