BT

Qt 5.4 リリース

| 作者: Sergio De Simone フォローする 19 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年1月12日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/12/22)へのリンク

Qtプロジェクトのチーフメンテナを務めるLars Knoll氏が,Qt 5.4のリリースを発表した。Webテクノロジ領域での多数の改良,Windowsランタイム上でのQtのフルサポート,グラフィック操作の新機能,新しいライセンスモデルなどが提供されている。

以下のリストは,新機能および改良点を挙げたものだ。

  • Qt WebEngine: Chromeベースのエンジンで,Qt Quickベースのウィジェットあるいはアプリケーションへの,Webコンテントの組み込みに使用する。
  • Qt WebChannel: QML/C++とHTML/JavaScript層のブリッジに使用するモジュール。例えば,WebSocket経由でサーバと通信するHTML/JSクライアントの記述が可能になる。
  • Qt WebView: 稼働するオペレーティングシステムにネイティブなWebブラウザの組込みを可能にするAPI。WebEngine全体を必要としない場合,あるいはiOSのように,プラットフォームの制限によってそれが不可能な場合に利用できる。
  • Qt for WinRT: Windows Phone 8.1およびWindows 8.1用のアプリケーションの記述を可能にする,Windowsランタイムプラットフォームとの統合が完成し,Qtの一部として完全にサポートされるようになった。
  • 高DPIディスプレイのサポート: 現在はまだ実験的レベル。
  • OpenGL実装の動的選択。これは主として,従来からOpenGLのサポートが“問題含み”であるWindowsにおいて有効な機能で,ネイティブなOpenGLドライバとANGLEのOpenGLES 2.0,あるいは完全なソフトウェアラスタライザから選択することができる。
  • Qt Creator 3.3: AndroidおよびiOS用のアプリ開発のためのクロスプラットフォームIDE。
  • Qt Data Visualization: ボリュームレンダリングやテクスチャサポートなどの新機能が追加された他,パフォーマンスも向上している。

Qt 5.4にはこの他にも,Bluetooth Low EnergyのLinuxサポート,フラット形式のコントロール,iOSの64ビット版差オートなど,多数の新機能がある。

最後にQt 5.4では,LGPL v3ライセンスへの移行が実施されている。これは“Tivoization”などの誤用を防ぐ方向への1ステップだ。Qt WebEngineなどいくつかのモジュールはこの新ライセンス下でのみ使用可能だが,Qt 5.3に存在したすべてのモジュールについては,引き続きLGPL v2.1下で使うことができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT