BT

NoSQLのスケーリングについてAlex Bordei氏が語る

| 作者: Srini Penchikala フォローする 34 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年1月18日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2014/12/30)へのリンク

ネットワーク性能、仮想化、テストがNoSQLデータベースの性能やスケーラビリティの問題に対処する上での考慮点だ。Alex Bordei氏はNoSQLデータベースのスケーリングについて、性能の増強について書いている。氏はNoSQLデータベースの性能最適化のベストプラティクスについてのウェブキャストを共催している。

Alex氏はNoSQLデータベースの性能を増強するために、次の5つの領域について説明している。

直線にスケールする: 単に並列にするだけで分散アプリケーションをスケーリングしても必ずしも性能は改善しない。ハードウエアの価格は仕様が向上すれば指数的に上昇する可能性がある。氏は水平と垂直のスケーリングの間に、ハードウエアにかけたお金の中での最高の性能を達成できるスイートスポットを見つけることを推奨する。ハードウエアの構成はアプリケーションの設計やNoSQLデータベースの使われ方によって変わります。

テスト:ある特定のソフトウエアスタックのスケール方法のアイディアを見つけるための最高の方法はテストすることだ。仮想環境やクラウドを使って多量のお金や時間をかけずにテスト環境を作ることができる。

メモリ & CPUのリソース:メモリとCPUの細部は、NoSQLデータベースの性能とスケーラビリティにとって本当に問題だ。メモリのアクセス速度も仕様によって異なる(例えば、1333メガヘルツと1866メガヘルツのDIMM)。この違いが例えば、RedisCouchbaseでは大きな要因になる。氏はRAMの速度を当てにせずに、メモリの仕様の細部に注意を払うべきだと考えている。CPUについては、ハイパースレッディングとターンオフバーチャライゼーション(Intel VT)によって性能が改善する可能性がある。

ネットワーク性能:ネットワークの遅延とスループットは全体の性能に影響する。仮想マシン(VM)はベアメタルサーバに比べてネットワークの接続性が低い。データベースソリューション全体の性能を評価することが重要だ。

NoSQLデータベースの仮想化:仮想化は柔軟性をもたらし、ひとつのマシンを複数の目的で使えるようになる。しかし、残念ながら、仮想化によってメモリのアクセス速度に影響が出る。これは、NoSQLデータベースにとって致命的なことになる可能性がある。NoSQLやDatastax(Cassandraの商用サポートを提供している)やSplunkのようなビッグデータ関連のベンダはベアメタル環境に製品をインストールすることを推奨している。

Alex氏はソフトウエアがいくら高速でスケーラブルでも、ハードウエアのすべてのコンポーネントの質が問われるということを強調sる。また、テストの労力に投資することで長期的には時間を節約できる。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT