BT

インスタントピボット,拡張イベントパターン検出をサポートするSplunk Enterprise 6.2

| 作者: Srini Penchikala フォローする 36 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年1月19日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2014/12/21)へのリンク

ビッグデータ解析ツールSplunk EnterpriseHunkの最新バージョンでは,インスタントピボット,強化されたイベントパターン検出,ビルド済みのダッシュボードパネルなどがサポートされている。オペレーショナルインテリジェンスのためのソフトウェアプラットフォームプロバイダであるSplunk Inc.は先頃,Splunk EnterpriseとHunkのバージョン6.2,HadoopとNoSQLデータストア用のSpulnk解析ツールのリリースを発表した。

Splunk Enterprise 6.2の提供するデータ解析とパターン検出により,ITおよびビジネスシーンでのデータの関連性の検出や,高度な分析処理が実現される。

Splunk Enterprise 6.2の新機能には,次のようなものがある。

  • 簡易化されたデータオンボーディング: 新機能のデータウィザードにより,任意のマシンデータのオンボードが容易になる。新しいインターフェースでは,マシンデータのプレビューやオンボード,以降の分析準備など,一連の操作を簡単に行うことができる。
  • 高度なフィールドエクストラクタ: マシンデータ内のフィールドへの識別と名前付け,タグ付けによって,迅速な分析を可能にする機能である。
  • インスタントピボット: すべてのロールのユーザに対して,任意の検索から直接ピボットを可能にする機能である。Splunk Search Processing Languageの知識なしでダッシュボードの作成が可能になる。
  • イベントパターン検出:基本となるマシンデータから有意なパターンを検出するために, 同種のデータを自動的にグループ化することによって,データの分析を高速化する。
  • サーチヘッドクラスタリング: 同時ユーザ許容数の拡大と共有ストレージ必要量の低減により,総所有コストを低減する。
  • ビルド済みパネル: 再利用可能なダッシュボード構築ブロックの作成,パッケージ化し,共有することにより,ダッシュボードの作成を迅速化する。
  • 管理作業の簡略化: Splunk Enterpriseの分散したデプロイメントの状態とパフォーマンスを,一箇所で集中監視可能な分散管理コンソールを使用した,新しいインターフェースを提供する。

Hunkは,HadoopとNoSQLデータストア上にストアされたデータに対して,探索的な分析を可能にするソフトウェアだ。Cloudera CDHやHortonworks, Data Platform, IBM InfoSphere BigInsights, MapR Mシリーズ,Pivotal HDなどの代表的なHadoopディストリビューションを含む,Apache Hadoopに接続する。

NoSQLデータストアに関しては,パッケージ済みのSplunk Appが用意されていて,Apache CassandraMongoDB, Sqrrl for Apache Accumulo,その他のデータストアに接続する。

Hunkは,Hadoopクラスタのオンプレミスデプロイメント以外に,Amazon Web Services(AWS)のクラウドでも使用することができる。これを実現するのは,Amazon Elastic MapReduce(EMR)にインストールされる,事前設定済みのHunkソフトウェアのインスタンスだ。AWSがEMRとストレージサービス(S3)内のデータを対象として,時間単位の課金で提供する。このデプロイメントオプションが有効なのは,自身のデータセンタにHunkをインストールせず,Hadoop上に保存したデータに対して分析処理を実行するというメリットを,時間を掛けることなくユーザに提供したい場合だ。

Hunk 6.2の新機能は次のようなものがある。

  • Hunk Sandbox: Hadoopクラスタをセットアップする必要なく,主要なオペレーティングシステム上で実行可能なサンドボックスである。1回のダウンロードのみで,Hunkuのインタラクティブ検索や分析処理の習得を支援してくれる。
  • Hunk App: Hnuk App for MongoDB, Sqrrl App for Hunk (Apache Accumulo)など,事前にパッケージされたSplunkアプリを使用して,NoSQLなどのデータストアに格納されたデータの検索,解析,視覚化を行う。これらのアプリは,Hunk App for AWS Elastic Load Barancingを使用したAWS Elasting Load Balancingサービスの健全性を監視,評価するために使用することもできる。
  • Amazon EMR Console:AWSがプロビジョニングし,Amazon EMR内のデータに時間課金される,自動構成のHunkインスタンスを使用可能だ。

AWS GovCloudを使用している,あるいは長時間実行するクラスタでHunkを使用したいユーザのために,Splunkは,年次のHunkライセンスを提供している。

Splunkはダウンロードするか,あるいは無償のOnline Sandboxを通じてクラウドサービスとして試用することができる。Hunkも,SplunkのWebサイトからダウンロード可能だ。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT