BT

RancherOS: プロダクション利用可能なDocker向けミニマルOS

| 作者: Manuel Pais フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年4月6日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2015/03/31)へのリンク

Dockerコンテナを動かす最小限のLinuxベースOSRancherOSが Rancher LabのCTO、Darren Shepherd氏により発表されたBoot2Docker(別の軽量Docker向けディストリビューション)があからさまにプロダクションで使わないよう勧めているのとは対照的に、RancherOSはプロダクションレディでスケールレディだと主張している。

RancherOSとBoot2Dockerは同じようなbootstrapの仕組みに依存しており、Linux Kernel(実行を制御する)と合わせて約20MBの一時的なルートファイルシステム(ramdisk)を最初にメモリにロードする。これにより、OSのバイナリサイズを20MB少しに抑え、ブート時間を最小限(5秒以下)まで削減する。そして、ユーザがホスト上で実行したいアプリケーションが何であれ、それに必要とされる依存関係の選択をDockerコンテナに任せることを可能する。

RancherOSはKernel上に即座にDockerコンテナを実行するよう設計されており、これらのコンテナがコアとなるLinuxサービスをユーザに提供する。これらのサービスは(システム)コンテナ内で実行される。ユーザは自分のDocker(ユーザレベル)コンテナを任意のLinuxディストリビューションで作ることができる。システムとユーザレベルのコンテナを隔離するために、2つのDockerデーモンが必要になる("system docker" はkernelによって起動される最初のプロセスで、"user docker" は "system docker" が作った特別なシステムサービスコンテナで実行される。)

Rancherは、彼らのOSはプロダクション環境で使えると主張している。最新のDockerの機能とバグ修正(通常のLinuxディストリビューションで数ヶ月かかるプロセス)に追従し、Dockerと競合を引き起こすおそれのあるsystemdのようなinitシステムを不要にし、最小限のコードベースとOSで動作するシステムサービスによってセキュリティを高めているためだ。

RancherOSはVagrantを使った、あるいはハイパーバイザ(QEMU、VirtualBox、VMware)によって直接提供される仮想マシンで動かすことができ、事前ビルドされたAMIが複数のAWSリージョンで利用可能になっている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT