BT

InfoQ ホームページ ニュース Apple、App Analytics Betaでエンゲージメントメトリクスを可能に

Apple、App Analytics Betaでエンゲージメントメトリクスを可能に

ブックマーク

原文(投稿日:2015/05/05)へのリンク

Appleが新しいApp Analyticsサービスのβテストを開始した。サービスは前回のWWDCで言及されていたもので、いかに顧客が「あなたのアプリを見つけて関わり合うか」を学ぶ手段を提供する。

Appleが開発者宛に送った招待状によると、App Analyticsを使うことで、開発者は以下が可能になる。

  • どれくらいの顧客がApp Storeのアプリページを訪問したか確認する
  • どれくらいのユーザがアプリを立ち上げたか把握する
  • アプリとアプリ内課金の売り上げを確認する
  • 後でトラッキング可能な独自のマーケティングキャンペーンリンクを作成する
  • どのウェブサイトから最もユーザが遷移してきたかを知る

App Analyticsは、Flurry、App Annie、AppFiguresなど、すでに複数のサードパーティ分析プロバイダがサービスを提供している分野に参入することになる。Appp Analyticsの最初の機能リストからは、カスタマーエンゲージメントについて学ぶためにApp Store analyticsを開発者にオープンにすることが強みであることがはっきりしている。これは競合が利用できない機能だ。これに対し、既存のサードパーティサービスは、リアルタイムランキング、国特有のデータなど、より広範囲に及ぶ分析を提供している。が含まれる。さらに、初期のユーザレポートによると、新しいサービスは、アプリを見つけるのに使われたクエリ、特集カテゴリなど「App Store内」のデータを提供していないようだ。

他のサービスと比較して、App Analyticsは開発者がコードを書いたり、特定のSDKをアプリに組み込んだりする必要がない。これは利用できる統計データの種類を制限することになるかもしれない。これに対し、競合サービスでは、ユーザがどれだけ効果的にアプリを使っているか学べるよう、開発者はチェックポイントを追加することができる。現時点で、App Analyticsは実際のところ、アプリケーションの立ち上げに関する情報しか提供できないようだ。

サービスは先着順に開発者にオープンされている。サービスがいつ正式版となるかはまだはっきりしていない。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

RESTlessnessに打ち勝つ

Matt McLarty 2019年3月13日 午前7時39分

.NET CLIクイックツアー

Jeremy Miller 2019年2月18日 午前1時55分

.NET CoreとDevOps

Dave Swersky 2019年2月6日 午後11時46分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。