BT

InfoQ ホームページ ニュース systemd、新しいDebian 8 “Jessie” にデビュー

systemd、新しいDebian 8 “Jessie” にデビュー

ブックマーク

原文(投稿日:2015/05/06)へのリンク

Debianプロジェクトが新しいstableバージョン、コードネーム“Jessie”を発表した。この新しいOSには、これまで使われてきたSystemVを置き換えるsystemd への移行と各種改善が含まれている。

Debian 8には24,573ものアップデートされたパッケージが含まれており、これは前のstableリリースにおける全パッケージの66%に相当する。だが、最大の変更はもちろん、systemdの導入だ。

systemdは、システム管理と設定を可能にする一連のデーモン、ライブラリ、ユーティリティだ。systemdをデフォルトで有効にするという決定は、Debianプロジェクト内でかなり議論を呼び、Debianをフォークした新しいディストリビューションDevuanをもたらした。systemdに反対する主な理由は、「極めて侵略的で、ほとんど正当化できない」アーキテクチャにある。一部の開発者たちは、これは一つの仕事だけに特化した、小さな独立したプログラムを好むという、基本的なUNIX哲学に反していると考えたのだ。いずれにせよ、言っておくべきことは、systemdはデフォルトでDebian 8にインストールされるが、インストール時に無効にすることができるということだ。以前のDebianバージョンをJessieにアップデートするには、既存のsysvinit initスクリプトをsystemdに対応させるため、アップデートの作業が必要になるだろう。Scott Gilbertson氏によるArs Technicaのレポートによると、initスクリプトが失敗するのには$HOME変数や/sbin/chkconfigといったツールの使用など、実際にはさまざまなケースがあり、systemd非互換性リストは必読だ。

systemd以外にも、Debian 8は2つの新しいアーキテクチャ、arm64とppc64のサポートを追加した。これでサポートするアーキテクチャ数は10になった。またDebian 8では、開発者不足のため、これまでサポートしてきたIA–64とSparcを含む3つのアーキテクチャを削除している。さらにDebian 8ではレガシーなSSLv3と多数の暗号ライブラリが無効になり、アプリケーションはそのサポートなしでビルドされている。

Debianプロジェクトの発表によると、Debianは「苦もなく、その場で、強制ダウンタイムなしに」アップグレードできるという。ただし、リリースノートインストールガイドを読むことが強く推奨されている。Debian 8は今後5年間サポートされる予定だ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。