BT

Microsoft、LLVMベースの.NET/CoreCLRコンパイラLLILCを発表

| 作者: Sergio De Simone フォローする 19 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年5月6日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2015/04/21)へのリンク

.NET FoundationがLLILC(「ライラック」と読む)という新しいプロジェクトのリリースを発表した。 このプロジェクトはもともとMicrosoftによるもので、.NET Coreのための新しいLLVMベースのネイティブコードコンパイラを提供することを目的としている。これによって「CoreCLRが移植されていてLLVMがターゲットとしているプラットフォーム上で」.NETプログラムを動かせるようになる。

このLLVMベースのコード生成アプローチは既存のCILリーダーに基づいており「プロダクション(RyuJIT)と同じ共通JITインターフェイスに対して直接動作する」。新しいCoreCLRインターフェイスをうまくサポートするには、SharpLangLLVMSharpといったLLVM BitCodeをターゲットとする既存のオープンソースプロジェクトから始めるよりも、このアプローチの方が望ましいと見なされた。

現在、LLILCはJITコンパイラの提供にフォーカスしているが、まだ開発中だ。現在、Windowsにおいて、CoreCLRに含まれるテストの半分をコンパイルすることができ、扱えないものは「RyuJITにフォールバックする」。LinuxとOS Xにおける.NET Coreの完成度が改善された暁には、それらにもWindows実装と同等品質のLLILC実装を提供することを計画している。

LLILCのロードマップによると、Install-Time JITコンパイラが次のターゲットだ。「これは生成されたコードを、1つのアプリケーションの複数の呼び出しの間で、または1つのアセンブリセットを共有する複数のプロセスの間で共有できるようにする」。LLILCプロジェクトでは、Ahead-Of-Timeコンパイラの実装も検討している。

.NET Foundationは2014年のBuildカンファレンスでMicrosoftによって立ち上げられ、Microsoftがすでにオープンソース化している、また将来オープンソースライセンス(おそらくApache 2.0)でリリースする.NETの部分すべてを統括する役割を果たしている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT