BT

InfoQ ホームページ ニュース CoreOS、Googleスタイルのインフラを発表

CoreOS、Googleスタイルのインフラを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2015/05/01)へのリンク

CoreOSがTectonicをリリースした。これはCoreOSスタックとGoogle Kubernetesプラットフォームを統合し、それに管理とモニタリングのためのツールを加えた、新しいプロダクトだ。

CoreOSのソフトウェア群とKubernetesに加え、Tectonicにはワークフローとダッシュボードのための管理コンソール、Linuxコンテナを構築、共有するための統合レジストリ、デプロイメントの自動化とローリングアップデートのカスタマイズのためのツール群が含まれている。Tectonicはオンプレミスでもパブリッククラウドでも動作する。Googleプロダクトと手を結ぶことで、CoreOSはコンテナにUIをかぶせ、さまざまなコンテナ技術をパッケージ化したソリューションを提供する。

これまでもいくつかの会社が企業向けにKubernetesを提供している。GoogleのContainer Engine、MicrosoftのAzureに構築された新機能、Red Hatのコンテナ指向のProject Atomicなどがそうだ。私たちはCoreOSのCEOであるAlex Polvi氏に、Tectonicと競合の違いについて尋ねた。

Tectonicは今のところ、最初の、そして唯一の、商用サポートのある完全なKubernetesスタックです。GoogleのContainer EngineはGoogle Cloudでしか動きません。Microsoftのプロダクトはまだ初期レベルで、商用プロダクトとして明確に紹介されてはいません。Red HatとAtomicが最も近いですが、私の理解では、彼らのフォーカスはOpenShiftプロダクトを使ったPaaSにあると思います。

Tectonicはオープンソースで、サポートなしでCoreOSのサイトからダウンロードすることができる。それにはインストーラ、LinuxのCoreOSホストバージョン、Kubernetes、CoreOのFlannelネットワーキング、クラスタ管理コンソール、ブラウザベースのUIが含まれている。

Tectonicとすでにお使いの自分で何でもやるCoreOSスタックとの主な違いは、Kubernetesそのものです。

CoreOSは、Linuxディストリビューションとrktetcdfleetflannelのようなオープンソースプロジェクトは現在のロードマップに従って開発を続けることを強調した。「Tectonicはこれらプロジェクトの多くを内部で使っており、同じCoreOS Linux OS上で動いている」とPolvi氏は語った。

CoreOS Festにおいて、彼らはいくつかあるトピックの中で特にTectonicについて語るだろう。このイベントは5月4日と5日にSan Franciscoで開催される。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

RESTlessnessに打ち勝つ

Matt McLarty 2019年3月13日 午前7時39分

.NET CLIクイックツアー

Jeremy Miller 2019年2月18日 午前1時55分

.NET CoreとDevOps

Dave Swersky 2019年2月6日 午後11時46分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。