BT

CoreOS、Googleスタイルのインフラを発表

| 作者: Guillermo Beltri フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年5月11日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2015/05/01)へのリンク

CoreOSがTectonicをリリースした。これはCoreOSスタックとGoogle Kubernetesプラットフォームを統合し、それに管理とモニタリングのためのツールを加えた、新しいプロダクトだ。

CoreOSのソフトウェア群とKubernetesに加え、Tectonicにはワークフローとダッシュボードのための管理コンソール、Linuxコンテナを構築、共有するための統合レジストリ、デプロイメントの自動化とローリングアップデートのカスタマイズのためのツール群が含まれている。Tectonicはオンプレミスでもパブリッククラウドでも動作する。Googleプロダクトと手を結ぶことで、CoreOSはコンテナにUIをかぶせ、さまざまなコンテナ技術をパッケージ化したソリューションを提供する。

これまでもいくつかの会社が企業向けにKubernetesを提供している。GoogleのContainer Engine、MicrosoftのAzureに構築された新機能、Red Hatのコンテナ指向のProject Atomicなどがそうだ。私たちはCoreOSのCEOであるAlex Polvi氏に、Tectonicと競合の違いについて尋ねた。

Tectonicは今のところ、最初の、そして唯一の、商用サポートのある完全なKubernetesスタックです。GoogleのContainer EngineはGoogle Cloudでしか動きません。Microsoftのプロダクトはまだ初期レベルで、商用プロダクトとして明確に紹介されてはいません。Red HatとAtomicが最も近いですが、私の理解では、彼らのフォーカスはOpenShiftプロダクトを使ったPaaSにあると思います。

Tectonicはオープンソースで、サポートなしでCoreOSのサイトからダウンロードすることができる。それにはインストーラ、LinuxのCoreOSホストバージョン、Kubernetes、CoreOのFlannelネットワーキング、クラスタ管理コンソール、ブラウザベースのUIが含まれている。

Tectonicとすでにお使いの自分で何でもやるCoreOSスタックとの主な違いは、Kubernetesそのものです。

CoreOSは、Linuxディストリビューションとrktetcdfleetflannelのようなオープンソースプロジェクトは現在のロードマップに従って開発を続けることを強調した。「Tectonicはこれらプロジェクトの多くを内部で使っており、同じCoreOS Linux OS上で動いている」とPolvi氏は語った。

CoreOS Festにおいて、彼らはいくつかあるトピックの中で特にTectonicについて語るだろう。このイベントは5月4日と5日にSan Franciscoで開催される。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

ASP.NET Core - シンプルの力

Chris Klug 2018年6月4日 午前3時26分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT