BT

InfoQ ホームページ ニュース AppleのwatchOS 2、WatchKit App導入とハードウェアサポート強化

AppleのwatchOS 2、WatchKit App導入とハードウェアサポート強化

ブックマーク

原文(投稿日:2015/06/09)へのリンク

AppleがwatchOS 2をWWDC 2015で発表した。Apple Watchホームスクリーン、Digital Crown、マイクロフォンなどへのアクセスを許すことで、アプリは「Apple Watchとより密接に連携」できるようになる。

WatchKit App

Apple Watchアプリの概念モデルは、watchOS 2でもさほど変わっていない。実際、サードパーティアプリは...

  • Apple WatchがiPhoneとつながっている時のみ実行できる。
  • iPhoneアプリにバンドルされ、これがWatchKitアプリのUIを管理し、WatchKit extension経由でインタラクションに応答するコードを提供する。コードはiPhone上でのみ実行される。

watchOS 2の新機能は、追加バンドルとしてのWatchKit appの導入だ。これはストーリーボードとUIに関連するリソースファイルを含んでおり、Apple Watch上で実行される。WatchKit appは、WatchKit extensionを含む同じiPhoneアプリにバンドルされる。一番のメリットは、iPhoneとApple Watch間における、UI要素を表示するのに必要な通信量の削減だ。これは全体のパフォーマンスを改善するだろう。またwatchOS 2では、ホームスクリーンに表示されるアプリも可能になる。

ClockKit

ClockKitは、開発者がWatchKit appのコンプリケーションの作成を可能にする新しいフレームワークだ。コンプリケーション(Complication)というのは時計用語で、単なる時刻表示を超えた機能のことをいう。簡単に言うと、ClockKitは文字盤上の情報を一日中、直接更新するアプリをサポートする。これは文字盤の見栄えをカスタマイズする可能性を開くものだ。ただし、ClockKitコンプリケーションはAppleの承認を必要とし、すべての文字盤で適切に見えるよう、特定のテンプレートを使う必要がある。

Apple Watchハードウェアとの連携強化

watchOS 2では、アプリはDigital CrownやTaptic EngineといったApple Watchハードウェアコンポーネントにアクセスできるようになり、さらに進んだユーザーインタラクションをサポートしたアプリの作成が可能になる。さらに、心拍センサー、加速度センサー、マイクロフォンにもアクセスできる。これは、これまでサードパーティ開発者の手の届かなかった、まったく新しいカテゴリのアプリへの可能性を開くだろう。

開発者は今からwatchOS SDKを使い始めることができる。これにはXcode 7とiOS 9のプレリリースバージョンが必要になる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。