BT

職場でマインドフルネスを実践する

| 作者: Savita Pahuja フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年6月17日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2015/06/10)へのリンク

Happy MellyのライターであるLouise Brace氏はブログで仕事でのマインドフルネスについて書いている。マインドフルネスは1970年代にアメリカでJon Kabat-Zinn氏が発見した、ストレス低減トレーニングだ。氏はStress Reduction Clinicの創設者だ。マインドフルネスは現在を生き、毎日の生活で集中と明晰さを達成する、ということだ。

Louise氏によれば、企業は、従業員のストレスに関連する問題を緩和するために毎年多量の予算を割いている。

まず、マインドフルネスによって、企業は多くのお金を節約できます。The American Institute of Stressの計算によれば、欠勤、低パフォーマンス、従業員の補充、事故、ストレス関連の補償などで、3000億ドルという巨額の支出を毎年しています。問題はアメリカに限りません。イギリスは毎年、職業関連のストレスや鬱や不安で、1100万ポンドも支出しています。主要な国ではどこでも同じ問題を抱えていると思います。

Guardianのブログでは、マインドフルネスの専門家であるMirabai Bush氏が書いている。氏はマインドフルネスをGoogleに導入したことで有名だ。

職場にマインドフルネスを導入することで、対立が発生しなくなったり、難題が起きなくなったりするわけではありません。しかし、難しい問題が起きたら、... 集団として認知し、把握し、応答する能力が向上します。マインドフルネスによって、自分の内側のリソースを開発し、困難や挑戦、ストレスフルな状況に対して、より、簡単に、穏やかに、対処できるようになります。

Forbesによれば、多くの有名企業が従業員にマインドフルネスのプログラムを提供している。

  • Apple
  • Google
  • McKinsey & Company
  • Deutsche Bank
  • Procter & Gamble
  • Astra Zeneca
  • General Mills
  • Aetna

mindfulness at workというサイトでは、マインドフルネスを3つの領域に分割して説明している。Louise氏によれば、

1. 考えること: マインドフルネスはチームワークを助け、創造性と革新性を刺激し、同僚や上司とのコミュニケーションチャンネルを改善します。

2. 実行すること: 職場でのマインドフルネストレーニングは、問題解決を支援し、より生産的で創造的になることを支援します。また、調和を支持し、競争的なチーム環境を維持します。そのようなチームは共通のゴールが成功になります。幸せな人々はより、しっかり働き、モチベーションが上がります。これは、組織にとっては、計り知れない価値になります。病気や不健康が理由の支出が減り、生産性が向上して、利益が上がるのです。

3. 存在すること: マインドフルネスを実践すると、思考が明晰になり、生産性が向上し、気持ちの強さも増します。より、効果的に協力しあうことを学び、無力感を感じることがなくなります。

Louise氏は、チームのメンバに次のような自問をしてもらうことを推奨している。

  • 今日は、マネージャや同僚とのコミュニケーションを改善するために、何をしたのか。
  • 今日は、学習と成長のために、どんな行動をしたのか。
  • 今日は、誰に感謝したか。そして、誰が自分を認識したか。
  • 今日は、自分の会社の長期的なゴールを意識していたか。
  • 今日は、どの程度、しっかりと働いたか。
  • そして、自分自身に対しては、例えば、次のような問いかけをする。自分のチームとのコミュニケーションを改善するため、今日は何をしたのか。

David Brendel氏はブログで、職場でのマインドフルネスについて、次のようなリスクを指摘している。

回避のリスク - マインドフルネスを使って、批判的思考を実践することを回避する人もいる。

集団思考のリスク - マインドフルネスは哲学と自己効力と率先した自己治療の心理学に根ざしている。トップダウンでマインドフルネスを課すことによって、このようなマインドフルネスの実践が劣化し、自分の意志で実践すれば効果が得られた人も、効果がないかもしれない。

マインドフルネスが、現代のアメリカ、とりわけ、ビジネスシーンに現れた、大きな文化的現象であることは間違いありません。これは、現代の職場でのストレスなどの現実と戦っている人にとっては、朗報です。しかし、マインドフルネスの実践は、人々がストレスに対処し、効果的に思考し、良い意思決定をし、成功するための、数多くある方法の中から、実践者自身が選択した方法、であるべきです。マインドフルネスは理性的かつ倫理的な思考プロセスを強化するために使われるべきであり、それらを制限したり、減退されたりしてはなりません。他人に押し付けるものではないのです。特に職場では。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT