BT

Google、Cloud Source Repositoryを提供

| 作者: Abel Avram フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年7月2日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2015/06/26)へのリンク

Googleは、彼らのクラウドインフラ上にデプロイ、実行されるプロジェクトにCloud Source Repositoryと呼ぶGitベースのリポジトリを統合する。

Googleは3月にGoogle Codeで利用できたプロジェクトホスティングサービスの終了を発表し、コードをGitHubやBitbucketといった他のソースコードリポジトリに移行するためのツールを提供している。ところが、ほとんど時を同じくして、彼らは公式アナウンスをすることなく、Cloud Source Repository (CSR) サービスのベータ版を立ち上げた。一見すると混乱しているように見えるが、CSRはGoogle Codeの置き換えでも、GitHubやBitbucketの競合でもないようだ。

Cloud Source Repositoryは、Googleのクラウドインフラ上にデプロイ、実行されるプロジェクトのためのGitサービスだ。コードリポジトリはプライベートで、暗号化され、安全とバックアップのために複数のデータセンターにリプリケートされる。CSRはローカルのGitリポジトリのリモートとして、あるいは、GitHubやBitbucketに接続してインポートすることにより作ることができる。CSRのDeveloper Consoleからは、リポジトリブラウザ、コミット履歴トラッカー、バージョン間の差分を表示するファイルビューアー、シンプルなファイルエディターといった基本機能にアクセスすることができる。

現在のところ、コンソールから新しいファイルを作成、削除する機能は提供されていない。こうした操作はローカルのリポジトリ、もしくはGitHub/Bitbucketのリポジトリで実行する必要があり、変更はクラウドで自動的に同期される。

CSRにはCloud Debuggerが統合されているが、現在サポートしているのは、App EngineやCompute EngineにデプロイされたJavaコードだけだ。デバッガを使うことで、条件付きブレイクポイントの設定、ウォッチ作成、ローカル変数とコールスタックのインスペクト、スナップショット作成が可能になる。

ベータ期間中、Google Cloud Source Repositoryは無料で、合計500MBまでのリポジトリを格納できる。

Amazonはre:Invent 2014において、CodeCommitという同様のサービスを発表した。これはAWSで動いているGitプロジェクトのための統合ホスティングを提供するものだ。またCodePipelineはそれを補うサービスで、継続的デリバリーとリリース自動化を提供する。これらサービスは2015年の早いうちに利用可能になるはずだったが、今のところまだ公開されていない。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT