BT

AndroidとFire OSのクラウドテストを可能にするAWS Device Farm

| 作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年8月16日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2015/07/22)へのリンク

Amazonは,AndroidとFire OSのエコシステムをターゲットとした,モバイルテストファームのAWS Device Farmを新たに導入する。Amazonによれば,200を越えて拡張を続けるユニークな環境のコレクションと,主要な自動テストフレームワークおよびCIシステムとのインテグレーションを提供するサービスだ。

AWS Device Farmでは,テスト対象デバイスが選択可能であることに加えて,ファイルのアップロードや追加アプリのインストール,ネットワーク機能の設定,ロケーションなど,テスト対象デバイスの状態をコントロールすることができる。テストを実行すると,問題点の識別に有用な,次のような情報が提供される。

  • スクリーンショット
  • CPUとメモリの使用率,およびスレッド数
  • 出力ファイル

また,AppiumCalabashuiautomaorといった,一般的な自動テストフレームワークとの統合もサポートする。さらにJUnitRobotium,あるいはEspressoを使った機器テストも可能だ。

テスト実行に必要なすべてのステップは,Device Farm APIを使って自動化することができる。プロジェクトやデバイスプールの生成を始めとして,ファイルのアップロード,テストの実行あるいはスケジュール,事後の全関連情報の収集などが可能だ。現時点ではJenkinsとの統合のみが可能だが,それ以外のCIシステム用のプラグインも現在開発中である。

AmazonはDevice Farmユーザに対して,使用したデバイス数とテスト時間によって決定される“デバイス時間”を基準とした課金を行う。定額料金プランも提供される予定だ。

ExperitestのマーケティングマネージャであるDavid Fink氏は,クラウドテストを“テストカバレッジ拡大とテスト時間短縮の上での大きな飛躍”だと位置付ける。ひとりの開発者によってテスト可能なデバイスやOSの数を増大させることで,“手動および自動テストの規模を拡大する”からだ。

AWS Device Farmは,最近数年間に登場したTestdroidAppurify, Experitextといったプレーヤによって,すでに混雑の様相を呈しているマーケットへの新規参入者である。Googleは,アプリのテストに自身のデバイスファームを使用することで知られているが,Amazonは公開サービスを持ってテストクラウド市場に登場したビッグプレイヤだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT