BT

InfoQ ホームページ ニュース Agile New Zealand Conferenceのまとめ

Agile New Zealand Conferenceのまとめ

ブックマーク

原文(投稿日:2015/09/09)へのリンク

2015 Agile New Zealand Conferenceがニュージーランドのウェリントンで開催された。カンファレンスは「Transformation」を全体テーマとして、「Agile Transformation」「Agile Enterprise」「Digital Transformation」という3つのトラックから成り、350名を超える参加者が集まって、4つのキーノート、24のセッションが開かれた。InfoQでは今後インタビューと記事を公開していく予定だ。

Lynne Cazaly氏はカンファレンスのスピーカーかつ参加者のひとりだ。彼女はたくさんのセッションをビジュアルにまとめており、それらをInfoQで利用することを快諾してくれた。

まず、カンファレンスチェアのEdwin Dando氏がニュージーランドにおけるアジャイル導入状況をレビューすることから、カンファレンスは幕を開けた。彼は次のように語った。ソフトウェアを構築している組織の多くが、多かれ少なかれアジャイルプラクティスを取り入れている。だが、その多くはアジャイルをプロセスやプラクティスの集合として扱っており、効果的なトランスフォーメーションと企業価値の創造に必要なマインドセットの変化を受け入れているわけではない。

彼は「Agile Transformation」「Agile Enterprise」「Digital Transformation」という3つのテーマを紹介し、それぞれ異なるテーマだが、コンセプトは密接に関連していると述べた。

オープニングとクロージングのキーノートは、Agile Coaching InstituteのLyssa Adkins氏とMichael Spayd氏によるものだった。これはオープニングとクロージングの間で、参加者が紹介されたアイデアについて検討し、紹介された概念に関連づけられるよう、意図的になされたものだ。オープニングトークは、組織のカルチャーと個人のモチベーション/ドライバに目を向けるIntegral Agile frameworkに注目したものだった。彼らはまず観客に対して、課題に対応するときには、自分自身の視点と観点について考えるよう求めた。そして、組織プラクティスの文化的成熟度がアジャイルのアプローチや思考を取り入れる能力にどれだけ関連するかを紹介し、そこに目を向けるという考え方について紹介した。

Opening Keynote Summary by Lynne Cazaly

2つ目のキーノートはLynne Cazaly氏による「Visual Facilitation - Making Sense in Uncertainty」だった。彼女は観客に対し、協調環境におけるコミュニケーションを強化して改善するために、シンプルでビジュアルなメタファとイメージを使うという体験を示した。彼女の「Bullet points are bullsh*t」というスライドは大きな歓声を浴び、多くの人がそのコピーを求めた。これは彼女のtwitterから手に入れることができる。

3つ目のキーノートは、ダニディンにある会社Animation Research Ltdの創業者であるIan Taylorによるものだった。この会社は1990年に設立され、世界中で何百万人もの人が視聴するスポーツイベント用のアニメーションツールを開発している。彼らはアメリカズカップのモバイルアプリでエミー賞を受賞した。彼は会社の仕事の例を取り上げ、Earnest Rutherford氏の「お金がなかったので、考えざるを得なかった」という言葉を引用しながら、彼らの仕事を成し遂げるためにアジリティがどうだったのか、そしてそれが彼らの働き方の中心であることを説明した。

Ian Taylor talk by Lynne Cazaly 2日目の最初のキーノートはICAgileのAhmed Sidky氏による「The Secret to Achieving Sustainable Agility at Scale」だった。彼は、アジャイルとアジャイルであることの違い、マインドセットの変化がどれだけ重要か、組織を文化的に変えることがどれだけ難しいかを説明した。そして、必要な変化をサポートして促す方法に関するアイデアを示し、ICAgileの学習課程がいかに新しい働き方に持続的なトランスフォーメーションを実現しようとする組織に役立つよう作られているか紹介した。

Ahmed Sidky Keynote by Lynne Cazaly  

Outformations, IncのDavid Chilcott氏は「Growing Agile Leaders – The Inconvenient Truth」というトークを行った。彼は意識的なリーダーシップの側面と緊張について、チームや組織のどんなレベルでもリーダーシップが重要であることを説明した。近年の動的な組織では、全員がリーダーになる必要がある。リーダーは地位の高い人に限られない。リーダーシップにまつわる不安は解消できない。自分自身の応答と反応を管理することで、それを受け入れてうまく管理する必要がある。

クロージングキーノートはLyssa氏とMichael氏によるもので、この2日で学んだことを締め括り、いかにIntegral Agileフレームワークがチームや個人のレベルに適用できるかを紹介した。あなたが今いるところから始めて、あなたの組織に変化をもたらすという。

Closing Keynote by Lynne Cazaly

 

InfoQでは数多くのスピーカーにインタビューをした。インタビューは3か月かけて公開される予定だ。

 

Images (c) 2015 Lynne Cazaly. Used with permission. www.lynnecazaly.com

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

特集コンテンツ一覧

.NET CoreとDevOps

Dave Swersky 2019年2月6日 午後11時46分

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。