BT

フリーなビデオフォーマットを作る「Alliance for Open Media」が設立される

| 作者: Abel Avram フォローする 10 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年9月10日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2015/09/09)へのリンク

Amazon、Cisco、Google、Intel、Microsoft、Mozilla、Netflixといった大手インターネット企業が「Alliance for Open Media (AOMedia)」を設立した。この団体では、モバイルを含む多様なデバイスに適した、UHDおよび商用/非商用コンテンツを含む高品質なビデオフォーマットをサポートする、オープンかつロイヤリティフリーなビデオフォーマットの策定を目指すという。

新しいフォーマットとコーデックは、スクラッチから始めるのではなく、GoogleのVP9、CiscoのThor、Mozillaなどが支持するDaalaといった既存のものをベースにするという。ThorはCiscoによる新しいフォーマットで、8月に発表されたものだ。CiscoはMPEG LAライセンサだが、ロイヤリティフリーのソリューションを求め始めている。彼らにはフリープロダクトがいくつかあり、H.264とH.265のライセンスが非常に高価なためだ。CiscoのVPであるJonathan Rosenberg氏は次のように語っている。

H.265ライセンスのトータルコストは、H.264と比べて1ユニット当たり最大16倍も高価です。H.264には年間のライセンスコストに上限があったのですが、H.265にはそうした上限がないのです。

こうしたライセンス価格は、オープンソースやWebブラウザなどフリーで配布するアプリケーションにおいて、H.265を利用する妨げになります。また、WebExやCisco Sparkといったフリーで使えるバージョンのあるフリーミアムプロダクトにおいても、利用の妨げになります。テレビ会議システムといったハードウェア製品にはまだ良いとしても、H.265は、ハードウェアとソフトウェア全体におけるユニバーサルなビデオコーデックとして提供できるものではありません。そのため、業界には、誰でも使える、高品質な次世代コーデックが必要だと考えています。

いつもと違うのは、Microsoftの参加だ。彼らは最新のブラウザ、EdgeにVP9を追加するための開発にも着手した。また、OGG、Opus、Vorbisといったビデオおよびオーディオフォーマットも評価している。

欠けている注目すべき企業は、MPEG LAライセンサであるAppleだ。そうは言っても、オープンなビデオフォーマットの支持がクリティカルマスに達するよう努めてきたGoogleとMozillaにとって、AOMediaの新たな設立は成功だと言えるだろう。彼らは何年もそうしたフォーマットをプッシュしてきたが、大半のコンテンツがH.264フォーマットのままであったため、その採用は限られていた。今こそ、ロイヤリティベースのフォーマットを捨てて、インターネットのための新しいフリーのフォーマットを生み出すチャンスだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT