BT

InfoQ ホームページ ニュース SalesforceがIoT市場に参入

SalesforceがIoT市場に参入

ブックマーク

原文(投稿日:2015/10/01)へのリンク

Salesforcehの先日のDreamforceカンファレンスで同社は、リアルタイムのデータ収集と、それをクラウドベースのサービスのスイート全体で実行可能なタスクに変えることができるIoTプラットフォームをまもなくリリースすると発表した

このプラットフォームはThunderと呼ばれ、システムをまたいだイベントを取込、処理して、オーケストレートを可能にする異なるオープンソーステクノロジのコレクションである。プラットフォームのコア技術には以下が含まれている:

  • Kafka (メッセージング)
  • Storm (ストリーミングデータ)
  • Spark (インメモリデータ)
  • Cassandra (ハイスケールデータベース)

IoTテクノロジスタックであることに加えて、Thunderは他の多くのSalesforceサービスの入力チャネルでもある。SalesforceのIoT CloudのEVP であるAdam Bosworth氏はIoTクラウドを使って、“収集してビッグデータを組み立てて、驚異的にスマートなビジネスルールを構築し、リアルタイムにSaleforceクラウドのすべてを使う”ことを構想している

ビジネスルールとオーケストレーション機能は、他のIoTがエンドユーザーに提供するものとSalesforceの差別化であり、コードを書くことなくSalesforceクラウドのシンプルなワークフローを構成することができる。以下の画像のエンドユーザーオーケストレーションの例のように、Salesforceは風速の閾値を超えたことを検出すると、風力タービンの速度が変更される。

イメージソース: https://www.salesforce.com/form/conf/iot-demo.jsp

Salesforceは以下のいくつかの追加顧客ユースケースを発表した:

  • 交通問題における今後の乗車シェア乗客の通知
  • 既存製品の使用状況に基づいて、営業担当者にアップセールス機会の通知
  • 航空会社のエージェントは遅延が通知されると顧客に新しいフライトの予約を開始できる

Bosworth氏は「製品を売った後は、それを管理する機会にもなる。スムースなオンボーディングプロセスを確認し、彼らがあなたの製品を継続的に使用していることを確認し、彼らがそれから引き上げようとしている場合、そこに戻るように働きかける」機会にもなるという。

Salesforceは現在、巨大なエコシステムを持っており、ARM, Informatica, Xively, LogMeIn, Microsoftのようなパートナーによる今後のプラットフォームに初期の興味を惹いている。顧客のケーススタディビデオで、MicrosoftのバイスプレジデントでチーフエバンジェリストのSteve Guggenheimer氏は、顧客はAzure Event HubsからThunderとMarketing Cloudにリアルタイムデータを取得することができると言い「マーケティングチームは、リアルタイムに、リアクティブ分析から予測分析に移行することができる」Microsoftは多くのレベルでSalesforceと競合する立ち上げパートナーとして注目に値する。

IoTドメインには、Amazon, Microsoft, Google, GE, Intelを含むSalesforceの競合がたくさんある。 顧客はThunderプラットフォームを単体で実行できるが、Salesforceはサービスのポートフォリオの残りの部分にThunderを差し込むことによる付加価値と見ている。Salesforceの違いは、そのデータを容易に消費できるクラウドサービスとアプリケーションを提供していることである。Salesforceは、組織が彼らの消費者を深く知ることができる。IoT Cloudを導入することにより、彼らの顧客を深く知るために追加の入力チャネルを提供する。このアイディアは、Salesforceの会長兼最高経営責任者であるMark Benioff氏によって再施行され、“IoT Cloudは、リアルタイム1:1ビジネスを創造し、セールス、サービス、マーケティングの積極的なアクションや、その他のビジネスプロセス、新しい種類の顧客成功を提供する。”

SalesforceはIoTプラットフォームのローンチ日を公表していない。パイロットテストは2016年前半のどこかで開始されることが期待されている。Constellation Research のアナリストであるDoug Henschen氏は、最近のSalesforceのLightningのリリースパターンに従うと、IoT Cloudは来年のDreamforceカンファレンスでお目見えすると感じている。“Salesforce Lightingは実際に利用可能になるおよそ1年前、昨年のDreamforceの大きなアナウンスとしてに明らかになったようにThunderもそうなるのではないだろうか。”

Salesforceは、顧客がこのプラットフォームをどのように利用できるかを提示したが、それはまた非常に早期である。 Doug Henschen氏は、より詳細が必要であると感じている。“Thunderで重要なのはポジションに関する声明ではなく、現時点での実際の能力である。”

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。