BT

MuleSoft、RAML 1.0とAPI Workbenchを発表

| 作者: Abel Avram フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2015年11月10日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2015/11/04)へのリンク

RAMLコミュニティがRAML 1.0とAPI Workbench、そしてJavaScriptとJavaのRAMLパーサのリリースを発表した。

RAML 1.0はRelease Candidateだが、もう完成間近で、今月は最後の仕上げに当てられている。仕様は言語とその機能を定義している。0.8と比べて、新しい機能は以下の通り。

  • データ型 – データを記述できる。組み込み型 –string, number, integer, boolean, date, file - や継承をサポートする。またEnum、Array、Map、Unionを理解し、これらに基づいた複合データ型を構築できる。
  • ライブラリ – 事前定義されたリソース、データ型、アセットなどを、名前空間を使ってインクルードできる。
  • オーバーレイ – 他のRALMファイルから記述、アノテーション、例をインクルードできる。
  • アノテーション – RAML 1.0で規定されたもの以外に、サードパーティのメタデータをサポートする。
  • セキュリティスキーマの改善

RAML 1.0とともに、API WorkbenchというAtomベースのIDEが作られた。このIDEは、RAMLで定義されたAPIを設計、構築、テスト、文書化、共有するのに使える。これはRAML 0.8と1.0のどちらでも動作する。API Workbenchはコード補完をサポートし、キーワード、リファレンス、パス、よくある値、型プロパティなどをサジェスチョンする。IDEは構造、リファレンス、リソース、スキーマ、行など様々なレベルで、自動バリデーションを実行する。ウィザードの助けで、新しい要素を作成することもできる。

MuleSoftは2つのパーサーも寄贈した。一つはJavaScript/TypeScript用、もう一つはJava用だ。現在、これらはベータ版だ。RAML Projects Libraryには、様々な開発段階にあるパーサー – .NET, Go, JavaScript, PHP, Python, Ruby, Scalaを含む – やツールがある。

RAMLはAPIの作成、活用、管理に関連する多数のベンダーに支持されており、それにはMuleSoftはもちろんのこと、AWS、CA Technologies、Cisco、Software AG、VMwareなどが含まれる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT