BT

AWS IoTが一般公開される

| 作者: Abel Avram フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年1月5日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2015/12/19)へのリンク

2ヶ月前にベータサービスとして発表されたAWS IoTが一般公開された。

AWS IoTは、成長するIoTビジネスに対するAmazonのアプローチだ。AWS LambdaAPI GatewayKinesisS3RedshiftMachine LearningDynamoDBといった複数のAWSサービスを使って、多数のデバイスからやってくるデータを収集、格納、分析し、それらをコントロールする。Amazonは「Amazon Robotics、ドローン(Amazon Prime Air)、Amazon EchoDash Button、何世代ものKindleでの経験」からIoTについて学んだという。InfoQではベータがローンチした時にAWS IoTについて詳しく紹介したため、ここでは新しいところだけ加えることにする。

AmazonはたくさんのIoT Starter Kitsを使えるようにした。これには開発マイコンボード、センサー、アクチュエーター、AWS IoT Device SDK、オープンソースのソフトウェアが含まれている。ハードウェアはAvnet、BeagleBone、Dragonboard、Intel (Edison)、Marvell、MediaTek、Microchip、Renesas、Seeeduino (Arduino Yunボード)、TI (LaunchPad)により提供される。

AmazonはIoTアプリケーションを作れるようAWS iOS SDKを強化している。Androidアプリケーションへのサポート追加にも取り組んでいる。またデバイスとIoT Device Gateway間の通信のため、IPv6サポートも追加している。デバイスのコントロールにはHTTPSを使っており、デバイスからのデータ収集には認証にX.509を使ったHTTPSとMQTTの両方をサポートしている。

価格に関して、最初の12か月間は月250Kメッセージまでフリーで使える。有料だとゲートウェイあるいはデバイスへの送信1Mメッセージ当たり$5(Asia Pacifficリージョンでは$8)かかる。メッセージは512バイトのブロックだ。サービスは現在、US East、US West、EU (Ireland)、Asia Pacific (Tokyo)で利用でき、クライアントが法的制限を受けていない限り、世界中どこからでもアクセスできる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT