BT

Visual Studio CodeのF#開発力を強化するIonide

| 作者: Jeff Martin フォローする 17 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年1月17日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2015/12/10)へのリンク

Microsoft IDEを使ってF#コードを書くということは,歴史的に,Visual Studioを使わなくてはならないという意味だった。その新たなパッケージとしてVisual Studio Codeが完成し,かつてAtomベースのIonideでデモンストレーションされた機能が一般向けに提供される。Visual Studio Codeのユーザは今後,効率的なF#ツールセットを提供するというIonideの成果からメリットを享受できるようになる。

IonideはF#対応のオートコンプリートやツールチップ,構文およびエラーの強調表示などの機能を提供する。編集ウィンドウでは,インタラクティブなREPL(F# Interactiveを使用)の統合が可能になる。さらに,NuGetおよびGitHubをサポートする,Mono/.NETコミュニティ重視のパッケージ依存マネージャであるPaketもサポートされる。Paketでは一般的なVS Codeユーザが,エディタを終了せずに自身のPaketコマンドを入力することができる。その他,自動ビルドツールのFAKEも付属する。 VS Codeがこのツールをサポートするということは,FAKEビルドターゲットをコールすることができる,という意味である。それぞれのターゲットをエディタのショートカットにアサインしたり,実行中のタスクをキャンセルすることも可能だ。

コントリビュータのKrzysztof Cieślak氏が指摘したように,現時点のVisual Studio Codeには,Atomベースのツールセットでは可能だったF# Yeomanジェネレータのサポートが欠如しているが,他のF#ツール(ソースコードフォーマッタのFantomasや文法チェックツールのFShatpLintなど)と合わせて,近い将来にはサポートされる予定だ。IonideはAtomおよびVisual Studio Codeから入力できる

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT