BT

オープンソース化がSwiftを勢いづける

| 作者: Jeff Martin フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年1月21日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/01/14)へのリンク

SwiftはAppleがObjective-Cに代わるものとして設計したものだが、2014年6月に発表して以来、急速に広まっているようだ。プログラミング言語Swiftは、Appleプラットフォーム限定で始まったが、2015年12月にオープンソース化されて、Linuxベースの環境もサポートされるようになった。オープンソース化は成長を加速させ、Swiftの言語開発に新たなコントリビュータを引き込んでいる。

O’ReillyのParis Buttfield-Addison氏がプロジェクトの現状についてまとめている。Swiftはもともとクローズドソースであり、いくつかのコンポーネントは公開されなかった。そうしたギャップを埋めるため、プロジェクトには3つの大きなサブプロジェクトがある。

  • Swift Package Manager
  • Foundation Project
  • Swift Evolution Project

Package Managerコンポーネントは、Appleお墨付きのパッケージマネージャで、現在のCocoaPodsとCarthageのシステムに参入するものだ。Butterfiled-Addison氏が書いているように、「Swift Package Managerがすでに確立された他のプロジェクトよりも良い選択肢になるかどうかは今後の課題だが、「公式」ソリューションがデファクトスタンダードになる可能性は高い」。

Foundation Projectは「コアユーティリティ、国際化、OS非依存」を提供するものだ。非Appleシステムは適切なObjective-Cランタイムにアクセスできないため、これは重要だ。Foundationが自ら立てている主な目標のひとつは、Apple固有の実装に等価なものを提供し、Swift 3.0リリースに入れることだ(リリース予定は2016後半)。

Swift Programming Language EvolutionはGitHubにホストされた今後のSwiftの機能開発のための場だ。Apple外部の人たちがSwiftの今後を知り、貢献できるようにする。

Objective-Cを使っている開発者やAppleプラットフォームをターゲットにしている開発者は、Swiftを学ぶことに強いインセンティブがあるだろう。Swiftが目指しているのは、Appleソフトウェア開発におけるObjective-Cの使用を置き換えることだからだ。Appleプラットフォーム以外の開発者は、次のプロジェクトにとってSwiftが重要になるかもしれない理由について、Buttfield-Addison氏のエッセイを読むと良いだろう。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT