BT

IoTの通信セキュリティの問題解決を目指すスタートアップ - Afero Platform

作者: Kevin Farnham , 翻訳者 吉田 英人 投稿日 2016年2月22日 |

原文(投稿日:2016/01/13)へのリンク

スタートアップのAferoは,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のセキュアな接続に必要なハードウェアとソフトウェア両方の需要に対処すべく,新たなプラットフォームをローンチした。このプラットフォームは,Aferoクラウドにインターフェースしたモバイルフォンと通信するセキュアなBluetoothスマートモジュールを通じて,IoTデバイスとインターフェースする。Bluetoothスマートモジュールノードとクラウド間の通信はすべて暗号化される。

AferoのCEOであるJoe Britt氏にインタビューしたTechCrunchのNatasha Lomas氏は,次のように書いている – “IoTデバイスの接続レイヤは何にすればよいのか - Aferoはその悩みの解決を目的としています。それによって開発者は,自らのスマートデバイスの本来の機能 – スマートロックのように比較的シンプルなものから,ネットワーク家電,さらには自動車のような高度なものまで – に意識を集中することが可能になります。”

プラットフォームのハードウェア基盤となるのがASR-1セキュア通信モジュールだ。

Aferoの開発者向けページには,このデバイスに関する説明がある。

 

超低電力接続によるデータ通信をサポートするBluetooth SmartのSIP(System in Pacage)で,特にIoT(Internet of Things)アプリケーション用に設計されています。ASR-1にはすべてセキュリティチップを内蔵しており,Afero Cloudと連携して動作するように予めプログラムされています。

IoTアプリケーションはASR-1モジュールを利用して通信を行なうことで,データを安全にAfero Cloudへ送信することができる。Afero CloudはRESTfulなAPIを提供している。これを使った中型の通信を行なうアプリケーションは,リモートデバイスからの元データにアクセスすることが可能だ。

ASR-1モジュールの詳細はこちらで確認できる(PDF)。 iOSあるいはAndroid用のアプリ開発,あるいはAfero Profile Editorの試用を希望する開発者には,Aferoツールキットの早期アクセス版も公開中だ。開発者向け資料にはチュートリアルやAPI,ファームウエア,ハードウェアリファレンスなどが含まれている。

Aferoの利用開始コストは低く,11米ドルでASR-1モジュールを購入することができる。

TechCrunchによると,“アナリストが予測するIoTデバイス市場の潜在的規模(2020年までに200億のデバイスがネットワーク接続されるというGartnerの予測)と,Aferoがハードウェア及びソフトウェア非依存であることを考慮するならば,少なくとも潜在的には,AferoはAndroidを凌駕する可能性がある”。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
サイト全般について
バグ
広告
記事
Marketing
InfoQ.com and all content copyright © 2006-2016 C4Media Inc. InfoQ.com and 株式会社豆蔵 InfoQ Japan hosted at Contegix, the best ISP we've ever worked with.
プライバシー
BT