BT

IBMがクラウドデータアナリティクスサービスを拡大

作者: Abel Avram , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン 投稿日 2016年2月16日 |

原文(投稿日:2016/02/06)へのリンク

IBMが、4つの新しいデータサービス、Analytics Exchange、Compose Enterprise、Graph、Predictive Analyticsを発表した。IBMの新しいデータサービスにより、ユーザは自分のデータを分析したり、IBMが提供するデータセットにアクセスしたりできるようになる。Bluemixで動くサービスの他に、プライベートなものも含むクラウド上で、データは展開できる。

Analytics Exchange このサービスは、コミュニケーション、経済、地理、政治、交通、その他のデータカテゴリを持つ、150のパブリックなデータセットを含む。例えば、世界中の携帯電話の契約に関する統計を含んでいる。また、世界中の国々にある運河の統計もある。現在、ベータ版で、これらのデータセットをすべて含むこのサービスは、こちらでさらに詳しい情報を知ることができる。

Compose Enterprise。このサービスは、IBMが買収した会社、Composeが提供するものをベースにしている。InfoQと話したIBMの広報担当者によると、3月初めに利用できるようになる。このサービスには、多数のデータベース、MongoDB、Redis、Elasticsearch、PostgreSQL、RethinkDB、etcd、そして、RabbitMQを経由したメッセージ待ち行列等が含まれる。ユーザは、IBM SoftlayerやAWSクラスタ、専用サーバでこのサービスをインストールできる。

Graph。これは、管理されたグラフデータベースサービスで、Apache TinkerPop3に構築されている。レコメンデーションエンジン、不正検出、ソーシャルネットワーク分析等に役立つ。TinkerPop3のクエリ言語や単純なRESTful APIをサポートする。このサービスは、IBM Bluemixでベータ版を利用できる。

Predictive Analyticsこのサービスは、IBMのSPSSアナリティクスプラットフォームに構築されていて、予測分析を提供するアプリケーションに統合できる。このサービスは、Bluemixインスタンス上で動作し、多数のBluemixランタイム、Node.jsLiberty for JavaGoPHPPythonRuby on RailsRuby Sinatraと統合されるが、RESTfulウェブAPIを通して、どこからでもアクセスできる。

IBMは、Bluemix上の自分のデータを読み込み、分析するオプションをユーザに提供し、ユーザは、「データの読み込み、アドレスのクリア、データプロファイリング、そして、サービス間のデータの入出力を簡単にするデータ分類のために、データ洗練サービスのスィートを利用できる。」

 
 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
サイト全般について
バグ
広告
記事
Marketing
InfoQ.com and all content copyright © 2006-2016 C4Media Inc. InfoQ.com and 株式会社豆蔵 InfoQ Japan hosted at Contegix, the best ISP we've ever worked with.
プライバシー
BT