BT

Shane Hastie氏、ビジネス課題に対するアジャイルマインドセットの適用について語る

| 作者: Savita Pahuja フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年3月7日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/02/12)へのリンク

Agile Tour Singapore Conference 2015において、SoftEdのチーフナレッジエンジニア兼アジャイルプラクティスリード、InfoQのリードエディター、Shane Hastie氏が “Applying the Agile Mindset to Tough Business Challenges” というタイトルでキーノートを行った。彼のセッションは、アジャイルマインドセットとそれが難問解決にどう役立つかにフォーカスしたものだった。彼はまずJim Highsmith氏の言葉を引用してアジャイルマインドセットを定義することから始めた。

アジャイルさとは、激変するビジネス環境において利益を生み出すために、変化に対応すると同時に、変化を作り出す能力である。

次に、Shane氏はフィックストマインドセットとグロースマインドセットの違いを説明した。フィックストマインドセットを持つ人は、要求はフィックスされていて変えるべきではないと考える。これに対し、グロースマインドセットを持つ人は要求の不安定さを受け入れる。彼は不確実性を受け入れ、変化を受け入れるよう、マインドセットを変えることを強調した。そして、コスト・スケジュール・予算制約よりも、価値と品質にフォーカスすることが重要だと述べた。

続けてShane氏は、今日の世界は不安定・不確実・複雑・曖昧な状態にあり、ビジネス上の難問に直面していることを説明し、いくつか例をあげた。

  • 膨大なデータ、だが情報は十分でない
  • 気まぐれな顧客 - 忠誠は存在しない、あなたのことを何でも知っている。
  • 自由な社員 – 70%は積極的にロールチェンジを探している
  • スキル不足 – 分散したチームを促す
  • 価値創造と財務サイクルの分断
  • 絶え間ないテクノロジー変化 – 今やすべてはデジタルである

これらの課題を克服するため、Shane氏はデザイン思考仮説駆動デリバリー価値のフロー遅延のコストフィードバックループ無駄をなくす脱予算の新しいマネジメントアプローチなど、アジャイルなやり方をいくつか説明した。

彼は、こうしたアジャイル手法を適用するだけでは十分ではなく、組織は長期的に続く複雑な変化を管理することについて考えるべきだと主張する。彼は最後に、持続する変化を生み出すのに役立つ5つの要因について説明し、セッションを締めくくった。

Rate this Article

Relevance
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT