BT

Docker Cloudはコンテナ化されたマルチクラウドソリューションを実現する

| 作者: Sergio De Simone フォローする 14 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年3月22日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/03/07)へのリンク

Dockerのブログで開発者のBorja Burgos氏が、Dockerコンテナを複数のクラウドで簡単に動かすことを目指した新しいサービス、Docker Cloudを発表した。このサービスはDockerエコシステム内でコンテナをビルド、シップ、実行できるようにすることを狙っている。

Docker Cloudは、Dockerが数ヶ月前に買収したスタートアップ、Tutumの機能を拡張し、Docker Hub、Docker ID、Docker公式リポジトリ、Docker Engineとの完全なインテグレーションを提供する。Burgos氏自身もTutumの共同創業者の一人だ。Docker Cloudを使うことで、開発者とDevOpsは以下が可能になる。

  • アプリケーションのコンテナ化
  • 自動化されたビルド・テスト・デプロイメントワークフローによる、任意のクラウド上でのコンテナの継続的デプロイ
  • すべてのコンテナおよびノードの管理簡単化

Docker CloudはAmazon Web Services、Microsoft Azure、Digital Ocean、Packet、SoftLayer、独自にホストしたノードをサポートする。Docker Cloudアカウントを1つ以上のクラウドプロバイダーにリンクすると、Docker Cloudはノードクラスタの作成を要求する。ノードクラスタは必要に応じてインフラストラクチャをスケールするのに使われる。1つのクラスタ内において、すべてのノードは同一タイプでで同一プロバイダに属さなくてはならない。ノードクラスタを生成したら、次はサービスのデプロイだ。これは所定のimage:tagを持つ特定のコンテナに関連付けられる。コンテナをノードクラスタに関連付けたら、コンテナの初期数、ポート、メモリとCPUの限度、環境変数などの設定を指定できる。するとサービスを生成してデプロイできるようになる。

これらのステップはすべて、Docker Cloud web UI、もしくはHTTP REST APIとWebsocket Stream APIから実行可能だ。APIはこれらのアクション、プロバイダ、ノード、サービスなどのエンドポイントを提供している。

Docker Cloudは全Dockerアカウントで有料サービスだが、1ノードまでのフリープランを提供している。$0.02/ノード/時間でノードを追加できる。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

ASP.NET Core - シンプルの力

Chris Klug 2018年6月4日 午前3時26分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT