BT

GitLab 8.5がリリース,パフォーマンスの向上,Todo,ジオレプリケーションを提供

| 作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年3月31日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/03/02)へのリンク

GitLab 8.5には数多くの新機能と改良点が含まれている。大規模インスタンスの実行を中心とする大幅なパフォーマンス向上,開発者が保留中のタスク追跡を目的とした新機能であるTodo,GitLab Enterprise Editionのみ対象だが,ジオレプリケーションで地理的に分散したチームのパフォーマンスを向上するGitLab Geoなどだ。

パフォーマンスについて言えば,GitLabでは,99パーセンタイル応答時間に最低で1.4倍,最高1.6倍の改善があったと主張している。これは,計測を実施した応答時間の最悪1%でそのレベルの改善がある,というような意味だ。ロードに時間を要するページでは,改善レベルがさらに大きい - 例えば非常に大きなイシューの読み込みは,最大で3.5倍高速化を実現した。これ自体大きな成果であるが,GitLabチームでは,GitLabのさらなる高速化の達成を約束している。しかしパフォーマンスに関しては,GitLabが95パーセンタイルで1.5~2秒であるのに対して,GitHubが98パーセンタイル414msと,まだGitHubの方が上回っている

Todoはto-do項目の自動管理を目的とする新機能だ。 開発者にアサインされた任意のイシューないしマージ要求に対してToDoが生成され,イシューの更新やマージの実行などに伴って自動的に完了セットされる。

GitLab Geoは,GitLabミラーインスタンスを有効にすることで,地理的に分散したチームによる大規模リポジトリのフェッチをスピードアップするものだ。ミラーはリポジトリのクローンやフェッチ,通常のデータ参照に使用される。プッシュや通常のデータ更新は,常にメインのGitLabインスタンスに対して直接実行される。GitLab Geoはまだアルファ版で,GitLab Enterprise Editionにのみ含まれている。

その他,GitLab 8.5で注目すべき改良点としては,

  • カスタムドメインとTLS認証に関連付けられた静的Webサイトをホスト可能なGitLab Pages
  • 任意のコミットのリバートが極めて容易になったUI
  • マイルストンビューへのラベル表示
  • SVGの差分レンダリング
  • GitLab APIに2つのエンドポイント - runners, build artifacts - 追加

GitLab最新版での変更点リストについては,バージョン8.5および8.5.1の変更履歴を参照してほしい。

 
 

この記事を評価

関連性
形式
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT