BT

InfoQ ホームページ ニュース IBM、Watson Cognitive APIを拡張

IBM、Watson Cognitive APIを拡張

ブックマーク

原文(投稿日:2016/03/18)へのリンク

IBMがWatson Cognitive APIを拡張した。これにはEmotion AnalysisおよびTone Analysisのベータ更新が含まれている。

AlchemyLanguage APIスイートにEmotion Analysisが追加された。このAPIスイートは、約1年前のIBMによるAlchemyAPIの買収により、Watsonサービスに加えられたものだ。Emotion Analysis APIは現在のところ、テキストコンテンツを処理して、joy(喜び)、fear(恐れ)、sadness(悲しみ)、disgust(不快)、anger(怒り)という5つの感情にランク付けできる。

発表に関するブログでは、例として「the day I was told that I had been accepted as a student of economics.」というテキストを解析している。出力は以下のようになった。

  • anger: 0.045
  • disgust: 0.023
  • joy: 0.93
  • fear: 0.035
  • sadness: 0.07

この値から、開発者はテキスト全体から伝わる感情を推測することができる。

APIは、HTTP経由でエンドポイントに直接送るか、Webの公開コンテンツのURLを渡すことで、テキストおよびHTMLコンテンツを処理する。出力はXMLおよびJSON形式で得ることができる。料金はリクエスト数により、IBM Bluemix Organizationにつき1,000 APIイベントまで無料、250,000イベントまでイベント当たり$0.007ドルからとなっている。

IBM Watson Tone Analyzerも似ているが、Language toneとSocial toneが加わっている。

Language toneは3つのカテゴリに分けられている: analytical(分析的である)、confident(自信がある)、tentative(ためらいがある)。上記テキストの場合、analyticalのスコアは0.39で、confidenceとtentativenessのスコアは0だった。

Social toneは5つに分けられている: openness(開放性)、conscientiousness(統制性)、extraversion(外向性)、agreeableness(協調性)、emotional range (もしくはneuroticism)(神経症傾向)。これは"Big Five" personality traits(特性5因子)として知られているものだ。サンプルテキストを分析すると、次の5つの指標が得られる。

  • openness: 0.134
  • conscientiousness: 0.409
  • extraversion: 0.474
  • agreeableness: 0.736
  • emotional range: 0.784

APIは同様のHTTP APIが使われており、単一のレスポンスを持つシンプルなGETおよびPOSTリクエストになっている。ドキュメントにはcurl、Node、Java、Pythonのサンプルが含まれている。ベータ期間中、Tone AnalyzerはIBM Bluemixにおいてフリーで利用できる。以下に、上記サンプルテキストを使ったNodeのサンプルコードを示す。

var watson = require('watson-developer-cloud');

var tone_analyzer = watson.tone_analyzer({
  username: '{username}',
  password: '{password}',
  version: 'v3-beta',
  version_date: '2016-02-11'
});

tone_analyzer.tone({ text: 'the day I was told that I had been accepted as a student of economics.' },
  function(err, tone) {
    if (err)
      console.log(err);
    else
      console.log(JSON.stringify(tone, null, 2));
});

IBMはApplication Starter Kitを提供して、AlchemyLanguage、Tone Analyzer、AlchemyData News APIを使えるようにしている。APIは今のところ英文のみをサポートする。

このサンプルアプリケーションは、ウェブおよびソーシャルメディアと自然言語処理を用いることで、重要な話題とその感じ方を理解する方法を実演します。

実践によるAPI活用に関心のある開発者は、オンラインのWatson Developer Challenge(4月15日まで開催)と5月21/22日にニューヨークのPier 36で開催されるWorld of Watson Hackathonへの参加を検討すべきだ。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。