BT

F#向けチャート生成ライブラリ XPlot

| 作者: Pierre-Luc Maheu フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 猪股 健太郎 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年3月18日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2015/12/31)へのリンク

XPlotはプログラミング言語F#向けクロスプラットフォームのデータ視覚化パッケージで、Google ChartsとPlotlyというJavaScriptのチャートライブラリを使用している。XPlotライブラリはF# Interactiveから対話的に使用することもできるが、F#アプリケーションやHTMLレポートに埋め込むこともできる。

XPlotはJavaScriptライブラリのF#ラッパーとしてふるまう。チャートを生成するAPIを呼び出すと、XPlotはGoogle ChartsまたはPlotlyをプロバイダとして使い、HTMLとJavaScriptのコードを生成する。

XPlotのチャートは、動的に生成することも、Webアプリケーション内で描画することもできる。たとえば、次のコードを実行すれば、それぞれの頻度を縦軸にステータスとして表示する棒グラフが生成される。

open XPlot.GoogleCharts

let statusCount () =
  let series = [("Open",23); ("In Progress",5); ("Resolved", 58); ("Closed",5)]

  let options =
      Options(title = "Status", orientation = "horizontal")

  if series |> Seq.isEmpty then "no data" else
      let chart = 
        series
        |> Chart.Bar
        |> Chart.WithOptions options
        |> Chart.WithLabels ["Count"]
      chart.InlineHtml

そして、HTML出力をWebアプリケーションに埋め込むこともできる。上記のコードは次のようなチャートを生成する。

XPlotが生成するチャートはF#アプリケーションから描画することもできるが、C#から使うこともできる。つまり、C#で書かれたWebアプリケーションやWPFアプリケーションでもXPlotを用いてチャートを生成し、画面に描画することも可能ということである。

Xplotはデータサイエンス向けパッケージ FsLabの一部としても使うことができる。FsLabにはデータアクセスや分析のライブラリも含まれており、それらをXPlotで出力することができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT