BT

LinuxとMac OS XでF#をはじめる

| 作者: Pierre-Luc Maheu フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年4月22日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/04/20)へのリンク

.NET Coreの登場により、Windowsと同レベルのサポートで、F#プログラムをLinuxとMac OS Xでビルドして実行できるようになる。MicrosoftでF#のプログラムマネージャーを務めるDavid Stephens氏が、Build 2016で.Net CoreでF#をはじめる方法について説明した。

最初のステップは.NET Coreツールのインストールだ。これは.NETのためであり、特定の言語のためではない。従って、このステップはC#でもF#でも同じだ。

次のCLIコマンドで、基本的なF#プロジェクトを作成できる。

dotnet new 〕ang f#

こうしてできたプロジェクトファイルはJsonファイルになっており、NuGet 3に導入された新しいプロジェクトファイル形式に従っている。新しく作成したF#プロジェクトのproject.jsonファイルには、プログラムをコンパイルして実行するための基本的な依存関係が含まれている。

{
  "version": "1.0.0-*",
  "compilationOptions": {
    "emitEntryPoint": true
  },

  "compilerName": "fsc",
  "compileFiles": [
    "Program.fs"
  ],

  "dependencies": {
    "Microsoft.FSharp.Core.netcore": "1.0.0-alpha-151221",
    "NETStandard.Library": "1.0.0-rc2-23811"
  },

  "frameworks": {
    "dnxcore50": { }
  }
}

プロジェクト作成時には、依存しているものは含まれていない。プログラムを実行する前に残された最後のステップは、それらをリストアすることだ。

dotnet restore
dotnet run

.NET CoreでF#プログラムをコンパイルして実行するのに、最低限必要なのはこれだけだ。クロスプラットフォームIDEであるVisual Studio CodeとAtomは、オープンソースのエクショテンションIonideによってF#をサポートしている。自動補完などおなじみのIDE機能とともに、Ionideには以下の機能が含まれている。

  • F# Interactive (REPL) パネル
  • Paketによるパッケージ管理
  • FAKEを用いたターゲットビルド
  • F# Yeoman Generatorを使ったプロジェクト生成

執筆時点で、.Net CLIと.Net Coreはまだ開発中であることに注意しよう。.Net Coreへのライブラリの移植も進行中だ。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT