BT

InfoQ ホームページ ニュース 新しいパイプラインビルドシステムを追加したJenkins 2.0ベータが提供開始

新しいパイプラインビルドシステムを追加したJenkins 2.0ベータが提供開始

ブックマーク

原文(投稿日:2016/03/30)へのリンク

ビルドワークフロー定義の新しい方法の追加と新しいユーザーエクスペリエンスの改善が提供されるJenkins 2.0のベータが利用可能になっている。

Jenkinsのパイプラインプラグインは新しいものではないが、バージョン2.0では新しいドメイン固有言語(DSL)の補助により、ユーザーが自身のビルドプロセスを定義できる(当然パイプラインという名前の) 新しいコア機能 が含まれている。このDSLではGroovyコードとビルド定義にさらに多くのコードが扱えるようになる。現在、ビルド定義は製品から離れ、コードリポジトリにチェックインすることができるようになった。

新しいバージョンの前に、他のプラグインは同じ問題を解決しようとしたが、Jenkinsの作成者であるKohsuke Kawaguchi氏は、InfoQに対してパイプラインはただのプラグインではないと話した:

一連のプラグインはJenkinsの重要なサブシステムとして実装されています。そして2.0ストーリーの一部は、"コアとプラグインのインストールからはじめよう"という考えから脱却したいと考えました。Jenkins 2.0を入れると、コアまたはプラグインを使って80%のユースケースがカバーできている機能を手に入れることができると考えています。

コアとしてパイプラインに含まれている機能は、業界の他の人がやっていることと一致している

ニューヨーク市でソフトウェアエンジニアをしているJacques Chester氏は、Jenkinsのパイプラインサポートをしている開発者はConcourseも見るべきだと考えている。InfoQのインタビューでChester氏は、Jenkinsパイプラインプラグインシステムは、固有の欠陥にパッチを当てているだけであると指摘する。これは"設計からConcourseが実現したいくつかの部分を拡張によって再作成している。ConcourseのDNAはバージョン管理された外部構成、使い捨て可能なビルド環境、手で繋ぐ代わりにツールに委任できるジョブ計画である。"

さらにバージョン2.0では、既存のユーザーにどのプラグインをインストールするかを提案する新しい"はじめに"エクスペリエンスが追加されている。

Jenkinsチームは4月の前半にリリース候補を提供し、その後数週間で最終バージョンを提供する想定だ。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。