BT

新しいGitLab Issue Board、Issue管理の改善を狙う

| 作者: Sergio De Simone フォローする 17 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年8月29日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/08/22)へのリンク

GitLabが新たな統合ツール「GitLab Issue Board」を発表した。Issueをフレキシブルなマルチカラムのボードで可視化・整理できるようにすることで、開発者チームのIssue優先順位付け、リリース計画、コミュニケーションを改善するのが狙いだ。

GitLabはScrumボードでIssueを整理するツール「Milestones」をずっと提供してきた。ところが、MilestonesはIssueを動かしてオープンからクローズに割り当てるという単純なフローに限られている。これは大規模なチームや複雑なプロジェクトには不十分であり、たいていの場合、設計、実装、テストといった複数の中間ステップを扱う必要がある、とGitLabのエンジニアであるJob van der Voort氏は述べている

そのため新しいGitLab Issue Boardは、特定のモデルに縛り付けられることなく、様々なフローに合わせられるフレキシブルなIssueボードの運用を目指している。そのままだとGitLab Issue BoardにはBacklogとDoneの2つのカラムがあるだけだ。どちらのカラムもカード形式でIssueをリストし、カラム間でIssueをドラッグ&ドロップして、ある状態から別の状態へ動かせる。Issueライフサイクルの別フェーズを表現する新しいカラムが簡単に作れるので、様々なフローを扱うことが可能だ。たとえば、3つのカラムを使って伝統的なScrumボードを管理することもできるし、分析、開発、レビューといったステージのために追加のカラムを使うこともできる。

以下に、GitLab Issue Boardが提供する便利な機能を紹介する。

  • GitLab Issue Boardの各カラムはラベルに関連付けられている。
  • 新しいカラムを既存のラベルに関連付けてもよく、これにより自動的にすべてのIssueをカラムに割り当てられたラベルでタグ付ける。
  • カラム間でIssueを動かすと、関連付けられたラベルが自動的に更新される。
  • Issueは複数のラベルを持つことができ、様々な方法でフィルタリングとソートができる。

GitLab Issue Boardは既存のIssue Tracker上に構築されており、GitLabユーザーは誰でもフリーで利用できる。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT