BT

Microsoftの.NET Coreサポートプラン

| 作者: Jeff Martin フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年8月23日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/08/04)へのリンク

Microsoftが.NET Core、ASP.NET Core、Entity Framework Coreのサポート計画を発表した。MicrosoftのLee Coward氏によると、彼らはリリースに2股のアプローチを利用するプランだ。そのプランは彼らのオープンソース活動にあった大きな疑問の一つ、「これら始まったばかりのプロジェクトに対するサポートやセキュリティパッチの提供について、開発者はどれくらいの期間、Microsoftを当てにできるのか」に答えるものだ。 

LTS(Long Term Support)の称号がついたリリースは、リリース後に基本3年間サポートされ、今後のリリースに合わせて追加で1年のサポートが利用できる。セキュリティ問題や深刻なバグに対するパッチを適用することで、LTSリリースは安定したリリースとみなすことができる。

LTSを補うのがFTS(Fast Track Support)パッケージのリリースだ。FTSリリースにはバグ修正も含まれるが、主として新機能の提供にフォーカスしている。FTSは、対応する親のLTSリリースのライフサイクル期間にリリースされる。通常のサポート期間は3ヶ月で、そこで新しいFTSがリリースされることになる。親のLTSのライフサイクル期間における最新のFTSリリースは、1年間サポートされる。開発者は、クリティカルなシステムを安定させるためにLTSパッケージを使いながら、最新機能を実験するためにFTSリリースを使うことができる。

リリースのバージョニングは調整され、major.minor.patchというパターンに従うようになる。LTSリリースでは、majorバージョンが上がる(例えば4.0.0)。FTSリリースでは、対応する親のmajorバージョンは同じまま、minorバージョンが上がる(例えば4.1.0)。両者必要に応じて、patchバージョンが使われる(例えば4.0.1や4.1.1)。

このプロセスをよく理解したい人向けに、MicrosoftのRich Lander氏がバージョニングおよびに追加例に関するドキュメントを提供している。

 

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT