BT

XAML Power Toysでフォーム作成を簡単化する

| 作者: Jeff Martin フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年9月25日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2016/09/07)へのリンク

XAMLベースのデータに結びついたアプリケーションを書いている開発者は、データ入力コードを生成するルーチン作業を自動化する新たな方法を得た。Karl Shifflett氏が書いた拡張機能XAML Power Toys for Visual Studio 2015 (XPT)は、データ入力フォームを書くという退屈な作業を大幅に簡単化する。XPTは既存のビューモデルやエンティティクラスを理解して、どのフィールドを含めるかを指定できるビジュアルレイアウトエディタを開発者に提供する。最終的な結果はXAMLコードになり、そのままコンパイルしたり、さらにカスタマイズすることができる。

XAML Power Toysのワークフロー例

  1. XAML Power Toysを開始
  2. ソースクラスを選択
  3. (任意で)フォームのオプションを設定
  4. プロパティをレイアウトサーフェイスにドラッグ&ドロップ
  5. (任意で)コントロールのオプションを設定
  6. (任意で)UI生成のオプションを設定
  7. UIを生成

現在、XPTはXamarin FormsとWPF(Windows Presentation Foundation)アプリケーションをサポートし、今後の追加としてUWPのサポートが挙げられている。GitHubページの他、Shifflett氏は各種プロジェクトでXPTがどのように使えるかを紹介した複数の動画(概要、バインド可能なPicker、同じ行に複数のコントロールなど)を作成している。XamarinのMayur Tendulkar氏も、ツールの使い方について情報を求めている人のために、簡単な紹介を書いている。

この拡張機能は、Visual Studio 2015の全バージョン(Community、Professional、Enterprise)をサポートしている。Apache Licenseのもとオープンソースとしてリリースされており、開発者はどのように動いているのかを調べて、望むなら変更を加えることができる。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT