BT

InfoQ ホームページ ニュース Confluentがマルチデータセンタレプリケーションを備えた企業向けKafkaを発表

Confluentがマルチデータセンタレプリケーションを備えた企業向けKafkaを発表

ブックマーク

原文(投稿日:2016/10/05)へのリンク

Confluent Enterpriseの最新バージョンは,マルチデータセンタ(MDC)レプリケーション,自動データバランシング,クラウドマイグレーション機能をサポートする。Apache Kafkaベースのストリーミングプラットフォームを提供するConfluentは先週,ストリーミングデータパイプライン構築とストリーム処理アプリケーション開発を支援するConfluent Enterpriseの新機能を発表した

今月末に公開される新リリースには,2バージョンのConfluentが含まれている。

  • Confluent Platform: オープンソース版。 Apache KafkaとC, C++, Python, Goプログラム言語用のクライアントを含む。JDBC, ElasticSearch, HDFS用のコネクタ,Kafkaトピックのメタデータを管理するSchema Registry,Webアプリケーションと統合するためのREST Proxyなどもパッケージされている。
  • Confluent Enterprise: 企業用バージョン。企業レベルのストリーミングアプリケーション開発用の追加機能を提供する。イベントストリームを監視するConfluent Control Center,MDCレプリケーション,自動データバランシングを含む。

新たなデータレプリケーションとデータバランシング機能は,Kafkaクラスタのよりよい管理を支援するものだ。

マルチデータセンタレプリケーション: マルチデータセンタ(MDC)レプリケーションはセキュアなマルチクラスタ・レプリケーションと,地理的に分散したクラスタの集中化されたコンフィギュレーションによる管理を可能にする。各データセンタのKafkaクラスタは同期されるため,それぞれのデータセンタ内のアプリケーションやコンフィギュレーションは同期が保たれる。

堅牢なデータセンタ間レプリケーションを実現すると同時に,レプリケーションされたデータの暗号化と認証によってApache Kafkaにセキュリティ機能を統合する。レプリケーションはクラスタ全体でも,あるいはトピックのサブセットでも実行可能だ。

MDCレプリケーションは,データセンタ間のアクセス管理の自動レプリケーションなど,完全なセキュリティサポートを備える。認証には,KerberosおよびActive Directoryとの統合がサポートされたSASLが用いられる。認証によって,トピック毎のMDCストリーミングのレプリケーションが可能になる。暗号化はSSLとMirror Makerをベースとするものだ。

自動データバランシング: この機能はKafkaクラスタのノードの追加や削除によって,クラスタ全体のワークロードを均一化するようなデータ移行を可能にするものだ。ノード数やパーティションサイズ,パーティション数,クラスタ内のリーダ数といったクラスタの統計情報を管理するとともに,クラスタ間のパーティションの再バランスにラック認識(rack aware)アルゴリズムを用いる。

クラウドマイグレーション: Confluent Enterpriseのクラウドサポートは,クラウドとのデータストリーム構築の支援に加えて,クラウドクラスタとオンプレミスのKafkaクラスタ間の同期も行なう。Confluentレプリケーションをベースとするこの機能は,企業が将来的に,あるクラウド戦略から他に移行することを可能にする。

新機能について詳しく知りたい場合は,近日実施のウェビナか,あるいは近々ローンチ予定の無償オンライン講演シリーズに登録することができる。

 

 
 

この記事を評価

関連性
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。