BT

MicrosoftがTeamsを発表、タブ、ボット、コネクターで拡張可能

| 作者: Abel Avram フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年11月10日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/11/03)へのリンク

MicrosoftがTeamsを発表した。これはチャットベースの、Office 365に統合されたグループコラボレーションワークスペースだ。開発者はタブ、ボット、コネクタを使ってTeamsを拡張することができる。

TeamsはSlackに似たツールで、テキストやSkype経由の音声/ビデオ通話を通して、チームのコミュニケーションを可能にする。これはOffice 365のアプリケーションスイートと統合されている。チームメンバーはこれを使って、議論、投票、画像やファイルの交換などができる。Microsoftは、タブ、チャットボット、Office 365コネクタを使って開発者が拡張できるプラットフォームとして、このワークスペースを作っている。

それぞれのコミュニケーションチャンネルには、いくつかのビルトインタブがあるが、他の人がタブを作成・追加することもできる。タブは、開発者が欲しいコンテンツと機能を追加できるキャンバスだ。Microsoftが提案している用途には、データの可視化、ダッシュボード、メモ取り、タスク管理といったものがある。タブはiFrameにロードされたHTMLページで、MicrosoftTeams.jsというライブラリを利用する。GitHubにはサンプルのタブがある。

ボットは、たとえば、自然言語の質問に答える、アンケート調査を実行する、ワークフローを開始するなど、会話スレッドを強化することできる。こうしたボットは、C#、JavaScript/Node.jsを使ってMicrosoft Bot Frameworkで構築するか、Bot Connector APIを使ったSwaggerファイルから生成される。既存のボットもTeamsで動くようにすることができる。

Teamsを拡張する最後の方法は、Office 365コネクタによるものだ。コネクタを使って、ユーザーはTwitter、GitHub、Trello、Stack Overflow、User Voiceなどの外部サービスから通知を受け取ることができる。コネクタはWebhookで、JSONペイロードを持つHTTP呼び出しを受け付ける。シンプルなメッセージ以外にも、コネクタはアクションを受け付けて実行するようになっているが、現時点ではハイパーリンクのみサポートされている。

Microsoft Teamsは現在プレビューモードで、2017年のQ1にOffice 365 BusinessおよびEnterpriseのユーザーに一般公開される予定だ。そのときには、85ボットと70コネクタを含む、100以上のサービスと相互接続されることになっている。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT