BT

.NET Core Tools、MSBuildに切り替え

| 作者: Jeff Martin フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年12月2日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/11/30)へのリンク

Windowsで動くVisual Studio以外のプラットフォームを快適にサポートしたいがために、.MicrosoftはNET CoreおよびASP.NET Coreでproject.json形式のプロジェクトシステムを作成した。残念なことに、この新しい形式には.csproj/MSBuildベースの以前のシステムとの互換性がない。MicrosoftのRich Lander氏は、.NET Core Toolsが新しいアルファ版でMSBuild形式に移行することを発表した

すでに.NET Coreを使用している開発者はproject.json形式を使っているため、MicrosoftはそれらをMSBuild形式に変換するための移行ツールを用意する(dotnet migrateコマンド)。

今回の変更には、次のようなたくさんのメリットがある。

  • プロジェクト間参照が機能するようになる - 既存の.NET Standardベースのプロジェクト(.NET Framework、Xamarin、またはUWP)と.NET Coreの間で参照できる。
  • プロジェクト参照とNuGet参照がcsprojで同様に宣言される - NuGet経由で追加されたパッケージはcsprojファイルで適切に参照される。
  • プロジェクトを開いている間に、csprojプロジェクトファイルを手動で編集できる - Microsoftは日常的な作業とは見なしていないが、IntelliSenseをサポートするVisual Studioでcsprojファイルを編集することが可能になる。

VS2017RC(またはそれ以降)のproject.jsonベースのプロジェクトを開くと、.csproj形式への一方通行の変換を開始するかを確認するダイアログが表示される。これは実際に一方通行のプロセスであり、先に進む前にバックアップを取っておくように注意しよう。.NET Core CLIツールを使っている開発者は、MSBuildベースのシステムを使うようにアップデートされているのがわかるだろう。

Lander氏は、今回のCore Toolsリリースはアルファ版であり、そのように扱わなくてはならないと述べている。.NET Coreでサポートされているすべてのプラットフォーム(Windows、macOS、およびLinux)向けにダウンロードできる

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT