BT

Googleが機械学習APIの提供でターゲットを企業に拡大

| 作者: Alex Giamas フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年1月12日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2016/12/27)へのリンク

エンタープライズでのクラウドの利用はここ数年、ビッグプレイヤの最前線にある。Amazon、IBM、Google、Microsoftはエンタープライズユーザとそのニーズに応えるためにサービスを拡大している。Googleはエンタープライズユーザ向けの一連の機械学習サービスを発表した。

近々発表されるNVidia GPUを搭載したAmazon EC2のElastic GPUやMicrosoftのAzure N-Seriesと同様に、Googleは機械学習のタスクに焦点を当てた、毎分課金のクラウドベースのGPUをまもなく提供する。

GoogleはCloud Vision APIの価格を1/5に大幅に引き下げ、shelfアルゴリズムとそのAPIを介して、顔、ラベル、OCR、会社のロゴ、明示的なコンテンツやランドマーク、画像特性の認識する機能を提供する。これは、MicrosoftのComputer Vision APIClarifAIのような様々なスタートアップと直接の競合となる。

Cloud Natural Language APIはGeneral Availabilityに段階に進んだ。英語、スペイン語、日本語をサポートし、APIによってエンティティの識別や、感情とテキスト構文の両方の解析ができる。Microsoftは認識サービスとして言語指向の製品を提供する。

新しいアルファバージョンのCloud Jobs APIによって、被雇用者は、より適切な仕事を検索結果として得ることができ、雇用者は提供する仕事の意味をより適切に表現できるようになる。JibeはこのAPIをすでに使っており、それによってJibeのプラットフォームは、Taleo、Peoplesoft、Workdayや他の雇用者向けサービスといった既存のATSプラットフォームと適切に接続できている。

最後に、GoogleはRecurrent Neural NetworksをベースとしたGoogle Neural Machine Translationを使用するプレミアム翻訳サービスを現在提供している。特に長いフォームのテキストで、より良い翻訳結果が得られるとGoogleは述べている。Googleは現在利用可能な標準クラスのサービスの価格も引き下げた。

全体として、Googleはクラウドビジョン、クラウドスピーチ、クラウド翻訳、クラウド自然言語APIを通して機械学習モデルを使えるようにしており、また、クラウド機械学習プラットフォームを通して独自のデータでカスタムモデルをトレーニングする柔軟性を提供している。詳細については、Google公式ブログの投稿とクラウド機械学習サービスのページを参照のこと。

 

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT