BT

新しい あなたは、アーリーアダプター?それともイノベーター?そんな皆様に、InfoQの新機能をご案内しています。詳細はこちら

2017年にReact、Angular、Vueから期待されること

| 作者: David Iffland フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年1月17日. 推定読書時間: 1分未満 |

原文(投稿日:2016/12/30)へのリンク

2016年は、JavaScriptの言語とそのフレームワークが進歩したという意味で、JavaScriptの年であった。わくわくするような変更が待っている2017年は、2016年と同じような年になるであろう。

最も勢いのある成長があったフレームワークはvue.jsである。2016年にクリエイタのEvan You氏は作業を開始し、フルタイムで作業し、9月にバージョン2.0をリリースした。コミュニティはしばしばVueを現状のJavaScriptフレームワークの堅実な代替であると話している。

2017年にも、この勢いが継続して、新年の計画が展開されることを期待しているであろう。計画としては、より良いテスト方法や開発者体験の向上が含まれる。Vueはネイティブのレンダリングソリューションで機能しており、現在はアリババのweexモバイル・クロスプラットフォーム・フレームワークのJavaScriptランタイムである。

ブラウザベースのReactは、2016年は比較的静かだった。4月にリリースされたバージョン15.0は唯一のメジャーアップグレードだった。マイナーアップデートは、年間を通じて定期的にあった。2017年に、React Fiberについて聞き始めることになるだろう。それは、「進行中のReactのコアアルゴリズムの再実装」と記載されている。Dan Abramov氏は「やるべき仕事がまだまだある」と言っているが、Reactのバージョン16.0か17.0に乗るはずである。

Reactチームの仕事の多くは、2017年にFiberを世の中に出すことであるが、それは重要な変更である。Fiberは「Reactの完全な書き換え」であるが、「可能な限り下位互換性を維持する」ことを目的としている。Fiberが提供されると、Facebookは60FPSとアニメーションのWebアプリができるようになることを期待するであろう。

Angularについては、2016年は不確定なことでいっぱいであった。数週間後にはAngular 2が進行しているように見えたが、ユースケースがより多くなっており、常に手の届かないところにあった。最終的に9月にリリースされ、開発者が選択できる最も完全なプラットフォームの1つとなった。

2017年のロードマップでは、Angular 4のリリースがある。技術的には大きな変化があるが、それはバージョン1から2ほどの劇的な変化ではない。開発者がAngular 2プラットフォームとTypeScriptに慣れ、快適に使えるようになれば、2017年にはAngular 2とそのエコシステムの成熟と成長を見ることになるはずである。

後に残されていないが、バージョン1.5および1.6をリリースしたAngular 1は着実の最も人気のフレームワークの1つとなっていった。2017年の計画は 1.6.xの作業を着実に継続することである。

Rate this Article

Relevance
Style

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT