BT

新しい あなたは、アーリーアダプター?それともイノベーター?そんな皆様に、InfoQの新機能をご案内しています。詳細はこちら

Enterprise Ethereum AllianceにMicrosoft、Intel、JP Morganと複数のスタートアップが参加

| 作者: Kent Weare フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡  人のフォロワー 投稿日 2017年3月22日. 推定読書時間: 1分未満 |

原文(投稿日:徳武 聡)へのリンク

Microsoftはブログで、新しく結成されたEnterprise Ethereum Allianceに参加すると表明した。この団体にはIntel、J.P. Morgan、BNY Mellon、BP、ING、Thomson Reuterと複数のブロックチェーンスタートアップが参加する。このアライアンスのミッションは次の通りだ。

実世界で運用されている、スマートコントラクトをサポートした唯一のブロックチェーンから学び、その上で開発を行うこと。そして、ビジネスのスピードでこの最も複雑で需要の高いアプリケーションを取り扱うことができるソフトウエアを定義すること。

設立のメンバーは以下の通りだ。

画像の元: http://entethalliance.org/

Ethereumはオープンソースのブロックチェーンベースの計算プラットフォームであり、分散台帳を使ってネットワークに参加するすべてのノードに価値を保存することができる。また、コードで実行可能な合意であるスマートコントラクトを可能にする。このパブリックなブロックチェーンは2015年7月に立ち上げられ、この記事の執筆時点で時価総額はおおよそ17億ドル(USD)だ。

2016年6月、MicrosoftはProject Bletchleyと呼ばれるホワイトペーパーを公開し、2016年9月にはblockchain-as-a-serviceのエコシステムをリリースした。Project Bletchleyの目的にはブロックチェーンにミドルウエアサービスを導入することで顧客が他のサービスと統合できるようにすることだ。他のサービスとは、例えばアイデンティティーやスマートコントラクトだ。これらのミドルウエアサービスのひとつにCryptletsがある。これはオフチェーンのコードコンポーネントでセキュアなチャンネルを通じて実行できる。

Enterprise Ethereum Allianceに参加することで、Microsoftは企業がブロックチェーンを追求するのを支援できる。Microsoftでプリンシパルプログラムマネージャを務めるMarley Gray氏はこのアライアンスに同社が参加した理由を次のように説明する。

EthereumはAzureによって最初にサポートされたブロックチェーンであり、企業のニーズを満たそうと進化しています。そのパブリックな出自を維持しながら、プライバシ、許可、プラガブルな設計というような要件に注力することで、Ethereumは開発者がビジネス、団体が達成したいことの幅を広げ続けています。

Microsoftとその他の大企業に加えて、BlockApps、ConsenSys、 String Labsのようなブロックチェーンに特化したスタートアップもこの団体に参加している。

ConsenSysのJeremy Millar氏はブログで企業がEthereumを活用する上でぶつかる問題について説明している。

パブリックなチェーンはその定義により、プライバシと許可の要件を制限(少なくとも最初は)しています。Ethereumではスマートコントラクトとネットワークレイヤで許可を実装することができますが、従来の企業のセキュリティとアイデンティティーの設計やデータプライバシの要件に照らして‘そのまま使える’ような互換性があるものではありません。

企業の分野のこのようなギャップのため、Ethereumのフォークを実装する企業もあるが、Millar氏は将来、“アプリケーションの移植性の欠如、コードベースの断片化、ベンダロックイン”というような問題を産むと考えている。Millar氏の考えでは、Enterprise Ethereum Allianceはプライベートなチェーンのガバナンスを探る企業の懸念に対処しつつ、パブリックなEthereumチェーンへの貢献もすることができる。

Enterprise Ethereumは現在のEthereumのスケーリングロードマップ上に構築され、パブリックな互換性と相互運用性が維持されるでしょう。Enterprise EthereumがEthereum自体の開発全体に貢献できると信じています。

インキュベーターであり投資家でもあるString Labsもこの団体に参加している。同社はブログで、Enterprise Ethereum Allianceへの参加の重要性について次のように説明している。

パブリックとプライベートの両方のチェーン(例えばEthereum)で共有できる設計に注力する最初の団体を作ること、そして、相互運用性が必要な理由、どのようにに相互運用性が両方のエコシステムに大きな利点を産むか、これらのことには大きな価値があります。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT