BT

Agile is Kingであるが、継続的インテグレーションは難しい目標である

| 作者: Rui Miguel Ferreira フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年3月28日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/03/23)へのリンク

最近の開発チームのテスト動向について、Dimensional Researchの最近の調査によると、アジャイル手法が広く採用されている一方で、1時間単位でデプロイする能力、つまりゴールの増加について報告する組織は少なかった。

このトピックの関連サイトで以下の文章を見るのは一般的となっている。

今すぐデプロイできないなら、継続的デリバリとは言えません!

2年前の82%に比べて、組織の89%がアジャイル開発方法論の採用を報告しているが、デプロイ能力に関する結果はまったく異なる。

Charles Babcock氏が自身の記事で下記の通り述べている。

1時間単位でのデプロイ能力を備えた継続的インテグレーションは、アジャイル開発プロセスを採用することの最終目標としてよく記述されていますが、それを目指していると答える回答者は28%でした。しかし、実際に実施したのはわずか14%でした。 1年前、1時間単位の継続的インテグレーションを目標とする回答者はわずか18%でした。その1年後に10%増加したのは、開発スタッフの意識の中で、継続的インテグレーションがいかに急速に高まっているかを表しています。実際のデプロイ能力(現在は14%)よりも速くなっていますが、1年前のDimension Labsの同様の調査では10%となっています。

レポートの結果では、新しいビルドをデプロイするのにかかる時間について、この1年間で“著しい改善”が見られる。通常どのくらいの頻度で新しいビルドをデプロイしますか?」と聞かれたとき、インタビューを受けた人は次のように答えている。

  • 14%の人が1時間単位でデプロイする。
  • 34%の人が1日に1回デプロイする。
  • 21%の人が毎週、31%の人が毎週よりも低頻度でデプロイする。

多くの組織がより頻繁にデプロイすることを望んでおり、長いデプロイサイクルを維持しようとする組織が少ないことは特筆すべき点であろう。

Devopsの採用は、多くのメリットがあり、その中でも、より速く提供できる能力を向上させるために必要なステップとしてよく考えられている。Devopsの採用について、88%の組織が進行中、あるいは検討中であると報告しており、ごく小数がDevOpsを採用する予定がない(6%)、あるいは、それを検討したこともない(6%)と報告している。

合計732人がこの調査に参加した。参加者には、さまざまな役割、会社規模、業種、地域が含まれていた。このレポートはDimensional Researchによって実施され、Sauce Labsがスポンサーとなっている。

 
 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT