BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

Bitbucket、2要素認証の必須化とIPアドレス制限を導入

| 作者: Sergio De Simone フォローする 21 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年3月3日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2017/02/28)へのリンク

AtlassianがBitbucketをより安全にするための新機能を2つ発表した。IPアドレス制限(IPホワイトリスティング)と2要素認証の必須化だ。

IPアドレス制限を使うと、Bitbucketリポジトリを閲覧、プッシュ、クローンできるIPアドレスを制限することができる。Atlassianによると、Bitbucketは、アカウントのパスワードが侵害されてもIPアドレス制限によりデータの安全を確保できる、はじめての主要Gitリポジトリ管理ツールだという。具体的には、IPアドレス制限を使うことによって、オンプレミスのバージョン管理システムを使用してきた顧客は、これまで以上にユーザーのアクセスを管理して、データをクラウドへ安全に移行できるという。特に、金融および医療業界のようなプライバシー問題に敏感な組織は、IPアドレス制限によって次のような高度なセキュリティポリシーを実行できるという。

  • 十分にセキュリティコントロールのなされたデバイスだけが、データにアクセスできるようにする
  • 家から仕事をしてはいけないというポリシーが要求される場合、そうした行為を効果的に防ぐことができる

2要素認証は、モバイルデバイスもしくはYubiKeyのようなセキュリティキーデバイスを利用して第二の確認をするオプション機能として、2015年にBitbucketに導入された。2要素認証を使うとなりすましのリスクを大幅に減らせるが、オプション機能だとその有効性は低下する。いまやアカウント管理者は、チーム全員に2要素認証を必須にすることができる。ユーザーが2要素認証を有効にせずにアクセスしようとすると、そのアクセスは拒否され、2要素認証を有効にするための手順が表示される。

IPアドレス制限と2要素認証の必須化は、BitbucketのPremiumプラン(料金$5/ユーザー/月)でのみ利用できる。ただし、2要素認証はフリーの機能として、使いたいユーザーはだれでも引き続き利用することができる。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

C# 8の非同期ストリーム

Bassam Alugili 2018年10月11日 午前3時13分

BT