BT

Visual Studio 2017のデプロイに役立つ新しいDevOpsツール

| 作者: Jeff Martin フォローする 17 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年3月6日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/02/28)へのリンク

Visual Studio 2017における大きな変更のひとつは、インストールプログラムを完全に書き直したことだ。以前のVisual Studioはかなりモノリシックにできており、完全にインストールするためには、かなりの時間とディスクスペースが必要だった。今回のインストールプロセスの変更は歓迎されているが、Visual Studio及び関連コンポーネントの検出方法にも変更が必要になる。

レジストリを調べることでインストールされているVisual Studioの情報を取得するという従来の方法は、(たとえ問題なく機能したとしても)もはや最善の方法ではないということだ、とMicrosoftのHeath Stewart氏は説明する。代わりに推奨される方法は、Visual StudioセットアップクエリAPIを使うことだ。このAPIはVS2017(またはそれ以降)で機能し、インストールされているVS2017エディション(Community、Professional、またはEnterprise)に関する情報と各種コンポーネントの詳細を提供する。現在の開発環境に関する情報を取得することは、システム構築にかなり役立つ。自動化に必要なコンポーネントが存在しているか、簡単に判断できるようになる。

APIの使い方を説明するとともに、APIをもっと使いやすくするため、いくつかの手段が開発者やDevOps担当者に提供されている。まず、PowerShellモジュールがある。これはインストールされているVS2017のエディションを検索し、インストール済みコンポーネントを確認するといった機能を提供する。

スタンドアローンの実行ファイルを求めている人向けに、Stewart氏はvswhereを紹介している。これはスタンドアローンの実行ファイルで、PowerShellモジュールにある機能のサブセットを提供するものだ。vswhereはGitHubで公開されており、簡単にコンパイルして利用することができる。最後に、クエリAPIの詳細について詳しく知りたい人向けに、別のリポジトリが用意されている。そこではC#、C++、Visual Basicによるサンプルが公開されている。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT