BT

Visual Studio 2017が公式リリースされた

| 作者: Jeff Martin フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年3月9日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/03/07)へのリンク

Visual Studio 2017は、開発者に公式にリリースされており、2016年3月に公開され、ファーストプレビューで始まった開発プロセスがいよいよ完成形となっている。1年後、VS2017は新たなワークフローベースのインストーラと、モバイルおよびクラウドアプリケーション開発のサポートが提供される。DevOpsのサポート範囲が広がり、AzureとDockerコンテナへのデプロイがIDE内から容易に行えるようになった。

InfoQは、最初の発表以来、VS2017の開発サイクルを通して紹介してきたが、VS2017が開発者に提供する機能をいくつか取り上げる価値があるであろう。歴史的に、Visual Studioは独自のソリューションファイルとプロジェクトファイルのセットで動作するように設計されている。そのため、Visual Studio内で全ての実体を管理するソフトウェアプロジェクトを簡素化できる一方、外部で開発されたプロジェクトを動作させるのは困難である。VS2017では、開発者は従来のVSプロジェクトのようにディスク上の任意のフォルダを開くことができ、しかも、それらのメタデータファイルを必要としない。

この機能を補足するのが、CMakeビルドシステムを使用するC++プロジェクトのサポートである。VS2017がクロスプラットフォームをサポートするプロジェクトに対してより広範なサポートを提供する場合、これらの非VSビルドシステムを使用できるようにすることは、クロスプラットフォーム開発チームを簡素化する上でのキーとなる。

Enterpriseエディションに新たに追加されたのは、ReadyRoll Core、SQL Prompt Core、SQL SearchなどのRedgate Data Toolsである。3番目のSQL Searchは、VS2017 ProfessionalエディションおよびCommunityエディションのユーザも利用できる。エンタープライズでのみ提供されるもう1つの機能として、Live Unit Testingがある。以前レポートしたように、この機能は、ユニットテストを記述している最中のテスト結果を、以前にビルドしたときのテスト実行結果と比較して表示する。

Visual Studio 2017は、Community、Professional、Enterpriseのエディションをダウンロードできる。完全なリリースノートは、完全な詳細を求める人に提供されている。VS2017は、以前のバージョンのVisual Studioと並行してインストールできるが、VS2017のプレビュー版またはRC版の後に本番リリースをインストールすることはできない。幸いにも、VS2017のプレリリース版は、上書き更新することができる。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT