BT

WebStorm 2017.1、Vue.jsサポートを追加

| 作者: David Iffland フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年3月27日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/03/21)へのリンク

JetBrainsが人気のあるWebStorm IDEのバージョン2017.1をリリースした。変化のはやいJavaScript業界で競争力を保つため、新たな機能が追加されている。

JetBrainsは何年もの間、WebStormをJavaScriptで最新かつ最高のものにしてきた。変化の速度を考えると、これは大したものだ。今年も変わることなく、彼らはVue.jsのサポートを追加した。

WebStormは.vueファイルを認識できるようになり、テンプレート内のコード補完をサポートする。他のviewコンポーネントを参照するときやimport文を追加するとき、自動補完できるようになる。Vue.jsの作者であるEvan You氏はInfoQに「すばらしいニュース」だと思っていると語った。

WebStormをメインのエディターとして使っている、あるいは使いたいと思っているVueユーザーがたくさんいるのを知っていますが、みんなVueサポートの改善を心待ちにしていました。

Reactサポートには、React自体のimportを自動生成するのに加えて、コンポーネントのimport文を自動補完、自動生成する機能が加わった。また、Reactコミュニティで人気のあるJestテスティングプラットフォームもサポートする。

Angular開発者向けには、新しいAngular Language Serviceが使えるようになる。このサービスはAngularチームが書いたもので、Angularテンプレート内でエラーチェックと型の推奨をしてくれる。

この新しい機能とそれがWebStormのネイティブ機能よりも改善されている理由について、Victor Savkin氏は次のように書いている

WebStormはそのままでもいい仕事をしてくれます ... でも、そこまでです。"this."を自動補完しようとすると迷子になります。

Savkin氏はAngular Language Serviceについて次のように言っている。「もうWebStormは推測をする必要がありません。@angular/language-serviceの助けで、何がテンプレートで使えるのかを実際に知っているのです」

また、このところStandardJSコードスタイルが人気だが、他の各種コードスタイルとともにネイティブでサポートされた。

開発者は30日間無料でバージョン2017.1を試すことができる。試用後の年間サブスクリプションは、個人開発者向けに59ドルから、ビジネス向けに129ドルから用意されている。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT