BT

Visual Studio 2017でF# 4.1が登場

| 作者: Pierre-Luc Maheu フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年4月27日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/03/28)へのリンク

3月上旬のVisual Studio 2017リリースには、F# 4.1とVisual F#ツールのアップデートが含まれる。F# 4.1は改善されており、C# 7と相互運用でき、一方で、ツールはRoslynワークスペースをサポートする最初のバージョンである。

すでに説明したように、F# 4.1は改善されており、C# 7と相互運用できる

  • 構造体タプルとC#値タプルのサポート
  • レコードおよび判別共用体のための構造体アノテーション
  • fixedキーワードのサポート
  • 数値リテラルの下線
  • 呼び出し元情報の引数の属性
  • 結果の型
  • 同じファイル内の相互参照の型とモジュール
  • Byrefの戻り値とC# 7 ref-returningメソッドのサポート
  • エラーメッセージの改善
  • list<’T>へのIReadonlyCollection<’T>の実装
  • オプションモジュール関数の追加
  • 静的に解決される型パラメータの改善
  • コンパイラのパフォーマンス向上

Visual F#ツールのアップデート版もVisual Studio 2017に同梱されている。ツールに対する特筆すべき追加機能は、Roslyn Workspace APIsのサポートである。

ワークスペースは、プロジェクトの集合であるソリューションの表示である。各プロジェクトには一連のドキュメントが紐づく。ワークスペースは、通常、ユーザがプロパティを入力または操作することにより常に変化するホスト環境に関連付けられる。

Visual StudioなどのIDEでは、RoslynワークスペースAPIを使用して複数の機能を提供する。Roslynのコンパイラ部分はC#/VB固有のものであるが、ワークスペースなどのAPIはより高レベルであり、特定の言語に限定されない。したがって、APIを実装することは、F#用の実装を必要とせず、IDE機能がF#を直接サポートできることを意味する。Roslynワークスペースを使用するためにリファクタリングされた機能は次のとおりである

  • 全リファレンスを見つける
  • ナビゲーションバーのサポート
  • ホバーと署名のヘルプで構文とタイプの色付け
  • IntelliSenseフィルタとグリフの改善
  • IntelliSenseでの名前のファジーマッチング
  • エディタでの色付けの改善
  • コードインデントの改善
  • ブレークポイントの分解能の改善
  • Go to定義の改善
  • 様々なコード修正のためにLightbulbsをトリガする機能
  • トークンのセマンティックな強調表示
  • Go to All機能のサポート (ctrl+T)
  • Roslynスタイルのインラインリネーム

マイクロソフトは公式発表で、F#コミュニティによる多くの貢献に感謝している。コミュニティメンバの何人かは、F#コンパイラ、Visual F#ツール、および言語デザインへの貢献に対して感謝された。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT