BT

Visual Studio 2017でSSH経由でGitをサポート

| 作者: Jeff Martin フォローする 16 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2017年4月27日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/03/28)へのリンク

Gitは、ほとんどの開発者にとって必須のツールキットでないにしても、成長し続けており、その多種多様な機能にアクセスできるようにすることは、最近のIDEにとって重要な要素である。マイクロソフトは、Visual Studio 2017でコマンドラインからGitを使う代わりに、UIから開発者が利用できるGit機能の数を増やしてきた。

新機能には、VS2017のGitクライアントに対するSSHサポートが含まれている。マイクロソフトのKayla Ngan氏は、VS2017にて、Gitサポートのためにgit.exeの使用に切り替えることで、これが可能であることを確認している。以前のVisual StudioのGitサポートでは、リポジトリをホストしているサーバでhttps を設定する必要があり、アクセシビリティが制限されていた。残念ながら、IDE内からSSH経由でリポジトリをクローンできないため、完全なSSHサポートには達していない。代わりに、リポジトリをVisual StudioのDeveloper Command Promptからクローンできる。そして、その後必要に応じて、リポジトリに対してプッシュやプルなどをすることになる。Ngan氏は、IDE内からクローンする機能は、将来のアップデートで追加されると述べている(これは、https経由のGitリポジトリのククローン作成に影響する)。

別の新しいGitの追加機能はGit(Team Explorerの下)のGlobal Settings画面にある。push --force-with-leaseを追加する新しいオプションがあり、それによって、(上流ブランチの変更で)他の人の作業を上書きしないように、プッシュを実行する前に警告できる。警告はプッシュを防止するのではなく、これが作業者の意図通りであることを確認する機会を提供する。

VS2017では、diffの表示と比較がより簡単になる。外部へのコミットの概要は、Syncページから確認できる。これには、リポジトリのコミットのLocal Historyを表示する機能と、Compare Commitコンテキストメニューオプションで2つの異なる差分を比較する機能が追加された。

リクエストされたGit機能がいくつか追加されており、将来のロードマップに残っている。

VS2017を使う開発者のワークフローで頻繁に報告されたエラーメッセージは“インデックスが配列の範囲外である”であった。ユーザのRainによれば、解決方法は、プルリクエストをする前に変更をコミットすることであり、別のユーザのTonyは、エラー発生と同時に、あらゆるプッシュを無効化することであると示した。

VS2017とGitに関する詳しい情報に興味がある人は、マイクロソフトのクイックスタートガイドを参照することができる。このガイドには、以前のバージョンのVisual Studioを使用している方のための説明が含まれている。

 
 

Rate this Article

Relevance
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT