BT

Your opinion matters! あなたのご意見でInfoQが変わる!

HTTP APIはOASに統合へ

| 作者: Abel Avram フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年6月18日. 推定読書時間: 3 分 |

A note to our readers: As per your request we have developed a set of features that allow you to reduce the noise, while not losing sight of anything that is important. Get email and web notifications by choosing the topics you are interested in.

原文(投稿日:2017/05/06)へのリンク

MuleSoftがOAIのメンバーになり、RAMLとOASの両方に対応するAPI Modeling Frameworkをリリースした。Restlet Studioは、新たにRAMLをサポートした。

現在、3つの競合するHTTP API仕様が存在する – Open API Initiative(OAI)によるOpen API Specification(OAS) – Swaggerがベース –、MuleSoftを中心とするRAML、今年Oracleに買収されたApiaryの支援するAPI Blueprintである。3つの仕様にはそれぞれ独自のメリットと関連ツールがあるが、2015年にSwaggerがLinux Foundationに委託されたことで、コミュニティの支持はOASに集まっている。OASは初期の段階から3ScaleやApigee、Google、IBM、Microsoft、PayPalといった企業に支援されていた。

HTTP APIの世界が今後どのように進化するか、今はまだ明確ではないが、最近になって興味深い動きがいくつか現れている。そのひとつが、OAIにMuleSoftが参加したという先日の発表だ。MuleSoftのCTOでRAMLの開発者であるUri Sarid氏は、“誰もが少なくともAPIのサービスモデルを記述可能な共通フォーマットをサポートするべき”であり、“今日最も多く採用されているのはOpen SPI仕様である”という考えから、OAI Technical Developer Communityへの参加を開始したのだ。

MuleSoftは今後も“RAMLイニシアティブのサポートと、エコシステムへの投資を継続する”と述べていることから、OAI TCにおけるSarid氏のプレゼンスには、現在RAMLがサポートしているAPIモデリングやモジュール、API契約の概念的分離などの機能をOASがサポートするように、OAS開発者に働きかける目的があると結論づけられる。ただし、OAI TCがRAMLの機能をどの程度採用するかは、現時点では未知数だ。この目的を達するためにMuleSoftは、APIとのインタラクションとそのモデリング、RAMLないしOAS資料の生成を行なうAPI Modeling Frameworkをオープンソースとして公開した。これによって実際には、RAMLで定義されたAPIを解釈して、対応するOASファイルを生成することが可能になる。

MuleSoftのAPI Modeling Frameworkはまだ“アルファ版”の“試験的実装”だが、OAIの初期メンバであり、現在はRAML WorkgroupのメンバでもあるRestletは先頃、OASとRAMLの両方に対応した自社のStudioを新バージョンとしてリリースしている。創設者であるJerome Louvel氏は、OASに対するRAMLの影響を次のように説明する

3つの活動が直接的な競合を続けて、最終的にひとつが勝って他の2つを置き換えることに比べれば、よりよい道が必要かつ可能になったのだと言えます。このストーリの主要な登場人物たちの間近で行なった、OASとRAMLの両方をサポートするRestlet Studioのようなツールの開発を通じて、私自身としては、ApirayとMuleSoftがOpen API Initiativeに参加して3つの仕様を段階的に統合することが理想であり、必ずしも統合する必要はないと考えるようになりました。

OAS 3.0のリリースを間近にして、将来的なRAMLリリースにおいては、RAML 1.0の現在のAPIモデリング情報をキャプチャするようにOAS仕様が拡張されると予想しています。OASの中核をシンプルかつ明確に保ちながら、APIモデリングツール間の相互運用性を向上し、APIチームの設計に対する投資の保護を支援します。RestletはOAIの創立メンバであると同時に、先週からRAMLワークグループにも参加していますので、そのような活動に直接的に貢献できることを楽しみにしています。

実際にApiaryは昨年からOAIに参加するとともに、自社ツールにSwaggerのサポートを追加している。HTTP APIはOASを中心に統合されることになりそうだ。これによってAPI仕様は将来的にひとつになり、相互運用可能なAPIの開発が容易になる。RAMLとAPI BlueprintがOASにどの程度影響を与えるかは、現時点では明らかではない。

 
 

この記事を評価

Adoption Stage
スタイル
 
送信
送信

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT