BT

DigitalOceanが監視機能とアラート機能を新たに提供

| 作者: Richard Seroter フォローする 8 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2017年6月5日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2017/04/24)へのリンク

クラウドインフラストラクチャプロバイダのDigital Oceanは先頃、サーバ監視機能とアラート送信機能をリリースした。無償で提供されるこの機能は、画期的ではないものの、サーバとアプリケーションの状態監視に対する業界の関心の高まりを示すものだ。
 
Digital Ocean Monitoringサービスはエージェントベースで、新規および既存の仮想マシン(“droplet”と呼ばれる)のいずれでも動作する。プロビジョニング中か、あるいはポストビルドスクリプトを実行して、Linuxベースのdropletにエージェントをインストールする。エージェントはCPUやメモリの使用率、ディスクI/O、ディスク使用率、受信および送信帯域幅など、さまざまなメトリックを収集する。これらメトリックはダッシュボードにのみ表示され、API経由でアクセスすることはできない。これはメトリックがオンボックスのエージェントを介して取得されるためで、“トッププロセス”などの情報も利用することができる。アラートポリシを作成すれば、パフォーマンスのしきい値に違反した場合にアラームが発行される。ここで作成したポリシは、単一のdropletないしdropletのグループに対して適用される。アラートはEメールまたはSlackチャネルを使用して通知される。Digital Oceanは計測データを、最大30日間保管する。ただし、ユーザがdropletを破棄すれば、メトリックデータもそれと同時にすぐさま破棄される。
 
MonitoringサービスをローンチするまでのDigital Oceanは、パートナ製品によってそのギャップを埋めていた。創業者のひとりであるMitch Wainer氏は、ジャーナリストのBen Kepes氏に対して、今回の新機能は同社の重要パートナにとって驚くべきものではなかった、と説明している。
当然ながら、Wainer氏に対する明白な疑問は、これがDigital Oceanの既存のパートナ(DigitalOceanのニューヨークオフィスの近くに本社を構えるDatagogなどはその好例だ)にとって何を意味するのか、ということです。Wainer氏は非常にオープンかつ正直に、少なくとも基本的なレベルにおいて、この新機能がパートナに影響するかも知れないことを認めました。ただし、その後すぐ、DigitalOceanは自身の意思について非常にオープンであり、これらベンダに対しては何ヶ月も前から、変更に関する支援の手を差し伸べている、と付け加えています。
他の主要なIaaSベンダも、さまざまな監視パートナをサポートしながら、組込み型の監視システムを何年も前から提供している。Amazon CloudWatchにはサーバ監視のためのレイヤが無償で用意されており、1年以上のメトリックデータを保存することができる。AWSではさらに、視覚化やアラート、APIアクセス、(コストに関する)より高度なティア、カスタムメトリック、ログ監視なども用意している。MicrosoftもAzure仮想マシン用の包括的なモニタリング機能を提供していて、アラートの設定、メトリクスデータのストレージへの長期的なアーカイブ、APIを経由したデータの使用や問い合わせといった操作が可能である。またGoogle Stackdriverモニタリングでは、Google Compute EngineとAWSサーバの両方を監視することが可能で、無償ティアに加えて、より高度なティアも用意している。他のIaaSと同様にGoogleも、カスタムメトリックやアラートポリシ、豊富な通知オプション、APIアクセスといった機能を提供する。
 
サーバおよびアプリケーション監視に対するユーザの期待は変化している。The News Stackのレポートでは、コンテナ化が監視ニーズに与える影響が指摘されている。エフェメラル(ephemeral、短命な)サービス、追跡すべき“モノ”の激増、“サーバ”に代わる“サービス”の重視、新たなタイプのエンドユーザといったものが、古典的なモニタアプローチを不適切なものにしたのだ。エフェメラルサービスはベンダに対して、起動と停止を繰り返すサービスを考慮した新たな価格設定アプローチを要求する。複雑になったアプリケーショントポロジのトラブルシュートを扱うため、AWSは2016年にX-Rayを導入した。現代的なチームのサービス監視と問題解決を支援するツールやサービスが爆発的にその数を増やすと同時に、New RelicDynatraceDatadogといった既存ベンダも、このニーズを満たための進化を続けている。一方ではPrometheusPivotal Cloud Foundry MetricsHoneycombZipkinといった新たなソリューションが業界の注目を集めている。
 
Digital Ocean Monitoringは無償で、世界中の8つのロケーションで使用することができる。サービスを発表したブログ記事の最後でDigitalOceanは、今後のサービスの計画について概説している。
Monitoringサービスの最初のイテレーションを控えて、私たちは、すでに次の作業を進めています。間もなくお目にかけられる機能は次のようなものです。
  • アラートポリシのAPIサポート
  • アラートの視覚化の強化
  • ブロックストレージの監視
  • アラートを外部サービスに通知するWebhooks
 
 

この記事を評価

関連性
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT