BT

InfoQ ホームページ ニュース RiderのF#サポートについての詳細

RiderのF#サポートについての詳細

ブックマーク

原文(投稿日:2017/05/31)へのリンク

JetBrainsのディベロッパーエヴァンジェリストであるMarteen Balliauw氏はRiderでのF#サポートについての詳細を公開した。機能は一般へのEAPの発表よりも詳細に説明されており、次のリリースへの計画も含まれている。

サポートはまだ早期の段階である。Balliauw氏は誤動作があるだろうと警告している。以下の機能がサポートされている。

  • シンタックスハイライト
  • コード補完
  • ナビゲーション

言語特有でないIDEの機能も利用可能である。それらはソースの操作、課題管理連携、JetbrainsのNuGetクライアント、データベースツール、ビルトインのターミナルとRESTクライアントを含む。

Riderを含むJetBrainsのIDEの機能で一流のものは、広い検索オプションである。サーチエブリウェアや型への移動、ファイルへの移動といったものが検索機能の例である。

Riderは.NETフレームワークとMonoプロジェクトをビルドし実行できる。またそれらに対するデバッグサポートを提供する。デバッグウィンドウはコールスタックや変数、監視項目といったものを表示する。

このバージョンでは、完全なフレームワークだけを対象としている。.Netコアのサポートは将来のリリースとなるだろう。言語混在のソリューションはサポートされており、F#とC#のプロジェクトを同じソリューションに配置でき、相互に参照できる。言語横断のサポートはまだ作業中である。将来、ナビゲーションと複数言語をまたがるリファクタリングが完全にサポートされるだろう。

ReSharperについての長年の、そして何度もある質問は、F#をサポートするかどうかということである。Balliauw氏はReSharperのコアにF#のサポートを追加すると説明しているが、Visual Studioにおけるサポートは近い将来では計画していないと述べている。

私たちは現在Visual StudioとReSharperでそれを仕上げることは計画していません。決してしないとは言っていませんが、まずRiderでF#を完全にサポートすることを優先し、注力しています!

RiderでのF#サポートはF#コンパイラサービスを使って実装されている。このライブラリはF#コンパイラの上に構築されており、サードパーティツールのために追加のAPIを提供している。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。