BT

InfoQ ホームページ ニュース AmazonがEC2 Auto Scalingのターゲットトラッキングサポートを追加

AmazonがEC2 Auto Scalingのターゲットトラッキングサポートを追加

ブックマーク

原文(投稿日:2017/07/24)へのリンク

Auto Scalingクラウドリソースは、AWSでは新しいものではない。しかし、アマゾンは最近、顧客がアプリケーションの規模をより細かく制御できるように、新しいターゲットトラッキングポリシーを発表した。ターゲットトラッキングポリシーを使用すると、管理者は、EC2リソースをどのようにいつスケールするかを決める特定のメトリックをターゲットに指定できる。このアプローチは、範囲と閾値に依存する従来の方法に替わる手段である。

Auto Scalingは、組織がAWSクラウドの価値を最大化できる方法の1つである。AWSでチーフエバンジェリストのJeff Barr氏は、なぜそれが重要なのかを説明している。

新しいAuto Scalingを使用すると、自身で定義した条件に基づいてAmazonリソースを起動または終了することで、需要の変化に対応するシステムを構築できます。この動的スケーリングは、アプリケーションの可用性を向上させ、コストを削減するのに役立つでしょう。

画像ソース: https://www.youtube.com/watch?v=-RumeaoPB2M

組織がどのようにターゲットトラッキングを使用できるかの例として、EC2 Webサーバのグループのパフォーマンスを管理することが挙げられる。管理者は、CPU使用率を70%に維持することを要求するターゲットトラッキングポリシーを設定できる。トラフィックが増加または減少する場合、必要に応じてEC2インスタンスを追加または削除してCPU使用率を70%に維持する。

画像ソース: https://aws.amazon.com/blogs/aws/new-target-tracking-policies-for-ec2-auto-scaling/

複数のメトリックに基づいてターゲットトラッキングを有効にすることができる。 Barrは下記の通り説明している。

1つのAuto Scalingグループで複数のターゲットを追跡するには、それぞれが個別のメトリックを参照する必要があります。スケーリングは、常にキャパシティを最大化するポリシーを選択します。しかし、メトリックのデータが不十分な場合、スケーリングは行われません。

Auto Scalingターゲットトラッキングポリシーは現在、追加料金なしで利用可能で、すべてのAuto Scalingリソースをサポートする予定のすべてのリージョンで、数ヶ月以内にAmazon EC2とDynamoDBをサポートする。管理者は、Amazon EC2およびDynamoDB管理コンソール、AWSコマンドラインインターフェイス(CLI)、またはAPIを通じてポリシーを有効にすることができる。Auto Scaling APIまたはCLIを使用してカスタムメトリックを設定することもできる。

 

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。