BT

Angular 4.3がリリース、HttpClientなどの新機能

| 作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 2017/07/19 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年8月18日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2017/07/19)へのリンク

Angular 5のリリースを前にした、最後の4.xリリースとなるAngular 4.3は、従来バージョンとの完全な互換性を保ちつつ、新しいHttpClientモジュールやルータのライフサイクルイベントなど、多数の新機能を持っている。

前述のように、Angular 4.3のおもな新機能のひとつはHttpClientモジュールである。これは、従来のHttpモジュールを完全に書き直したもので、3つの重要な改善点を備えている。

  • 応答として.json属性へのアクセスが提供されることにより、応答テキストを明示的にパースする必要がなくなる。
  • インタセプタを使用して要求と応答を処理するための、新しい汎用的なメカニズム。インタセプタを構築するには、HttpInterceptorインターフェースを実装するクラスを宣言した上で、要求あるいは応答を処理する他のインタセプタにチェーンすればよい。
  • 要求のアップロードと応答のダウンロードの両方を追跡可能なプログレスイベント。

コントリビュータのCédric Exbrayat氏によると、既存コードから新しいHttpClientモジュールへの移行は極めて容易で、不要になったコードの削除が主体であるということだ。

Angular 4.3にはまた、ResolveStart, ResolveEnd, GuardsCheckStart, GuardsCheckEndなど、GuardsCheckおよびResolveのためのルータレベルイベントも追加されている。これらのイベントは、リゾルバあるいはガードが実行するタイミングが必要な場合に有効だ。さらにバージョン4.3には、/deep/ CSSセレクタ用に::ng_deepエイリアスも追加されており、子コンポーネントに対する強制的なスタイル適用が可能である。これは主に、/deep/がChromeで廃止され、すべての主要なブラウザから削除されたことへの対応策である。

最後に、ngcコンパイラが変更され、TypeScript 2.3 Transformersのコンセプトに統合された。TypeScript Transformersは、tscによってコンパイルされたコードに適用されるプラグインだ。Angular 4.3の変更により、ngctscのラッパではなく、tscによってコールされるプラグインになった。これによって診断性が改善され、型チェック失敗時には、Angularソースファイル内の該当行を正確に参照できるようになる。

詳細はAngular 4.3の変更点の全リストで確認可能だ。

 
 

この記事を評価

採用ステージ
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT